fc2ブログ
「まぐまPB13 マンガ・スタディーズ・アウトサイド」4月下旬発売されます!

「まぐまPB」は以下の書店で直販されています。

 ・タコシェ(中野) 
 ・模索舎(新宿) 
 ・夢野書店(神保町)
 ・ブックカフェ二十世紀(神保町)
 ・ネオ書房(阿佐ヶ谷)

通販も行っております。
  蒼天社通販

目次:
マンガスタディーズ・アウトサイドーマンガ研究〈ブックレビュー〉22冊
・赤田祐一・ばるぼら『定本 消されたマンガ』(三津木浩之)
・足立加勇『日本のマンガ・アニメにおける「戦い」の表象』(坂口将史)
・池上賢『“彼ら”がマンガを語るとき』(松浦優)
・石岡良治『「超」批評視覚文化×マンガ』(小池隆太)
・茨木正治『メディアのなかのマンガ:新聞1コママンガの世界』(池上賢)
・大塚英志『戦後まんがの表現空間:記号的身体の呪縛』(松浦優)
・片寄みつぐ『戦後漫画思想史』(小山昌宏)
・稀見理都『エロマンガ表現史』(三好悠太)
・小山昌宏『戦後「日本マンガ」論争史』(三好悠太)
・ジャクリーヌ・ベルント編『マン美研』(小池隆太)
・白石さや『グローバル化した日本のマンガとアニメ』(坂口将史)
・杉本省吾『岡崎京子論 少女マンガ・都市・メディア』(三津木浩之)
・鈴木雅雄編『マンガを「見る」という体験』(坂口将史)
・鈴木雅雄 中田健太郎編『マンガ視覚文化論見る、聞く、語る』(坂口将史)
・副田義也『マンガ文化』(池上賢)
・高橋明彦『楳図かずお論:マンガ表現と想像力の恐怖』(小山昌宏)
・成瀬正祐『護美之山』『護美之砦』『護美之園』(高橋明彦)
・日本諷刺画史学会清水勲編『保存版諷刺画研究』(小山昌宏)
・ニール・コーン著、中澤潤訳『マンガの認知科学:ビジュアル言語で読み解くその世界』(池上賢)
・古永真一『BD第九の芸術』(三津木浩之)
・溝口彰子『BL進化論』(小池隆太)
・山森宙史『「コミックス」のメディア史モノとしての戦後マンガとその行方』(小山昌宏)

北朝鮮アニメーション史―世界最強のポリコレ・アニメ北朝鮮アニメ創作60年の“苦難の行軍” 大江・留・丈二

グローイングアップ映画祭/鶴川ショートムービーコンテスト2021上原正三脚本作品特集上映上映会&トークショー 小中和哉・田口成光・切通理作・白石雅彦

マンガメディアにおける形態学的描線論から生態学的描画論への転換に関する考察(前後編)―「マンガ原論」から「基礎マンガ学」への絵画論的基礎の試み 小山昌宏

追悼 飯島敏宏監督とブックカフェ二十世紀トークイベント 新井啓介

編集後記

表紙・本中イラスト/向さすけ

まぐまPB13
A5判・定価 本体500円+税
制作:STUDIO ZERO/発行:蒼天社/発売:汎工房
ISBN:9784909821126

【既刊】

magumaPB12
「まぐまPB12 アニメのエターナル・ビジョン」

9784909821041
まぐまPB11 アニメのメディア・ポリティクス

まぐまPB10 表紙
まぐまPB10 アニメと特撮のあいだに

まぐまPB9 表紙
まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と

まぐまPB8 表紙
まぐまPB8  戦後『特撮怪獣』60年史




スポンサーサイト



【新刊】

「トキワ荘の遺伝子 ~北見けんいちが語る巨匠の横顔~」 北見けんいち 聞き書き小田豊二/小学館

「ゴジラ&東宝ゴジラOFFICIAL MOOK vol.19 妖星ゴラス/宇宙大怪獣ドゴラ」 講談社

「文藝別冊 KAWADE夢ムック 総特集 山田太一 テレビから聴こえたアフォリズム」 河出書房新社

「ウルトラマンブレーザー 全バトルクロニクル」 講談社

「別冊太陽 探偵小説の鬼 横溝正史 謎の骨格にロマンの衣を着せて」 平凡社

「キネマ旬報 2024年4月号 追悼 山田太一」 キネマ旬報社




 3月のぶらり寄席は16日(土)に開催された。
 ポストは以下のとおり。

     ▽

【午後のぶらり寄席 3月】
ぽかぽか陽気。春一番。今週はミュージカル版「カラーパープル」と「ボブ・マーリー ラスト・ライブ・イン・ジャマイカ」を2日続けて鑑賞。「フレディ・マーキュリー The Show Must Go On」は来週観ます。弥生白日のぶらり寄席は3月16日(土)。ぜひ覗いてみてください。

【午後のぶらり寄席 3月】
階段を昇降するような寒暖差。先週奥田英朗「リバー」読了。リバーは渡良瀬川のこと。桐生、足利それぞれの河川敷で連続して起きた若い女性の殺人遺棄事件。容疑者3人のうち2人が太田在住者。太田は我が郷里! 夢中で頁を繰りました。弥生白日のぶらり寄席は3月16日(土)!

【午後のぶらり寄席 3月】
3月になりました。緊急告知します。弥生白日のぶらり寄席(16日・土)は寸志さんの他もう一人出演します。ゲストは平成最後の日に開催したぶらり寄席特別編「さよなら平成」以来のことです。ゲストではないですね、特別出演、いや、ご祝儀出演、ですか。どうぞお楽しみに。

【午後のぶらり寄席 3月】
2日続けてスマホNEWSに大声あげてしまいました。鳥山明氏とTARAKOさんの訃報に。TARAKOさんは太田出身。高校は太女(太田女子高校)、確か同い歳か一つ下。大昔CMの仕事をしているときに知りました。まだブレイクする前の事。合掌。弥生白日のぶらり寄席は来週16日(土)!

【午後のぶらり寄席 3月】
寸志さんの弟弟子、半四楼さんが3/1付で二つ目に。昇進を祝してぶらり寄席にて1席披露していただきます。もちろん寸志さんはいつもの2席。ぶらり寄席初の兄弟弟子競演! ぜひその目で目撃してください。おかげさまで予約もつばなれ。弥生白日のぶらり寄席は明日16日(土)!

【午後のぶらり寄席 3月】
彼岸だというのにこの寒さはいったい何なのだ!? と叫んでばかりいた今週。遅ればせながら先週3月のぶらり寄席ご来場の皆様に御礼申し上げます。20名のお客様。ゲスト効果ですかね。新二つ目の半四楼さんは錦の袈裟、寸志さんは野ざらし&幽女買い。進行に反省点多し。嗚呼!

     △

 ぶらり寄席のゲストは半四楼さんが初めて。半四楼さんは東大(文学部)を卒業、某商社を経て、45歳のとき談四楼さんに弟子入りした。寸志さんは44歳でした、弟子入りしたのは、確か。半四楼さんが3月1日で二つ目に昇進するということで、3月のゲストとあいなった。
 ゲストと聞いて、最初に登場するのかと思った。昇進の話等の紹介があって。では、その紹介は誰がするのか? オレ?
 順番は、寸志さん、半四楼さん、寸志さん。「私が高座で紹介しますから」と寸志さん。
 そんなやりとりがメールであってホッとして当日の進行についてはもう考えることがなかった。これがいけなかった。
 当日になって、半四楼さん登場のときの出囃子は?と言われて、あわてた、あわてた!
 
 いつも2席続けてだから今回もそのつもりだった。
 半四楼さんの高座が終わって、トイレに立つお客さんがいて、その旨寸志さんに伝えにいって急遽仲入りとした。進行に反省点多し、とはそういうこと。

 寸志「野ざらし」
 半四楼「錦の袈裟」

 〈仲入り〉

 寸志「幽女買い」

 懇親会は半四楼さんを交えて常連さんと。楽しいひと時でした。


DSC_0415
半四楼さん、見た目は堂々の真打、ですよね

DSC_0413
2席めの「幽女」は初めてかも


神保町ぶらり寄席202404-06




2023/03/03

「ベネデッタ」 新宿武蔵野館

 ポール・バーホーベン監督の新作が公開されることを楽しみにしていた。
 修道女をヒロインにした何やら妖しい映画。例のごとく、詳細は何一つ仕入れない。あくまでもポスターやチラシからの印象だ。
 Yさんが観たいという。Yさんの趣向からすると違うんじゃないかなあと思うものの拒否する理由はない。鑑賞後にポール・バーホーベン監督がどんな作品を撮っているか説明すればいいだけのこと。

 舞台は17世紀のイタリア某町。奇蹟を起こす修道女(ベネデッタ。演じるのはヴィィルジニー・エフィラ)の同性愛問題とその出世を阻もうとする修道院長(シャーロット・ランプリング)との反目。そこにペストの流行が重なって。そんな騒動と混乱が描かれる。
 実話に基づいた伝記映画というが、バーホーベン監督はそれを建前に、やりたいことをやったという印象を受けた。女優のヘアは全開だし。残虐描写は苦手だけど。
 個人的には予想したとおりの内容で面白かったが、やはりYさんはお気に召さなかったようだ。


2023/03/06

「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」 TOHOシネマズ日比谷

 ストーリーはよくわからないけれど、とても面白い。
 そんな事前情報で興味を持った。この感想、まるで「マルホランド・ドライブ」ではないか。
 実際、何度も見ている予告編では食指は動かなかったので。

 クライマックス、時を超え、場所を移動しながら戦う母(ミシェル・ヨー)と娘が、「シン・ヱヴァンゲリヲン」の父と息子を彷彿させた。
 予告編でジャッキー・チェン? と思えた俳優(ヒロインの旦那役)はキー・ホイ・クァンだった! 「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」の少年。大きくなったなあ。
 国税庁の監査官はジェイミー・リー・カーティスなのか! 
 そりゃこちらが63歳なのだから当然のことなのだが、皆歳とった。


2023/03/20

「Single8」 ユーロスペース

 別項にて


2023/03/24

「シン・仮面ライダー」 TOHOシネマズ日本橋

 別項にて


2023/03/27

「デヴィット・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム」 TOHOシネマズシャンテ

 デヴィッド・ボウイのライブがふんだんに挿入されたドキュメンタリーを予想していたらさにあらず。
 前半は、インタビューに答える形でボウイの思想、思索が開陳される。
 少々小難しい〈デヴィッド・ボウイ哲学の旅〉といった塩梅。
 何度か意識がなくなった。




2023/03/03

「フェイブルマンズ」 TOHOシネマズ新宿

 公開初日に観たのには理由がある。
 もともと「ベネデッタ」15時25分の回を観る約束をしていた。仕事を終えて新宿へ出てチケットを購入。
 15時までどう時間をつぶせばいいか。映画鑑賞以外ないではないか。ちょうどいい具合に「フェイブルマンズ」の上映があった。
 というわけだ。

 スピルバーグ監督の自伝的映画。タイトルは主人公の苗字。複数形になっているので訳せばフェイブルマン一家だろうか。
 映画の冒頭、幼少の主人公が両親に連れられて映画「史上最大のショウ」を観る。
 このシークエンスが僕の最初の映画体験とダブる。
 僕の場合、両親と東映動画「わんわん忠臣蔵」を観ている。1963年公開だから4歳のときである。母親の、映画に夢中になっている息子を見つめる気持ちを思うと、もうそれだけで涙が出てきた。

 8㎜映画の制作に熱中する主人公が高校時代学校のイベント(臨海学校みたいな行事?)に行く。このとき8㎜カメラを持参してその模様を撮影する。ここも自分の体験とダブる。
 中学2年の夏、僕の住む町の子ども会の行事でバラキ高原に一泊2日のキャンプに行った。キャンプには他の町の同級生、先輩、後輩、小学生たち大勢参加した。僕がリーダーの8㎜映画制作チームのメンバーもいて、当然のように8㎜カメラを持っていたるところでカメラを回した。

 スティーブン・スピルバーグという映画監督を認識したのはいつだっただろうか。
 「激突!」か。スピルバーグが20代半ばの若さで撮ったことが話題になった。この作品、日本では劇場公開されたが米国ではテレフィーチャ―だった。僕自身、映画館では観ていない。TV放映だった。「激突!」の前に「刑事コロンボ」のあるエピソードを撮っている。「刑事コロンボ」は中学時代毎週観ていたのでスピルバーグ監督作も観てると思う。「ジョーズ」の大ヒットは高校1年だった。

 映画はその時代までは描かない。主人公が撮影所で働きだす直前で終わるのだ。
 ちょっとした運で、撮影所内の著名な監督の部屋を訪ねる機会を得る。監督が主人公に尋ねる地平線に関する問い。
 僕自身すぐ回答が頭に浮かんだ。小学生のときに読んだ〈マンガのかきかた〉類の入門書で構図のイロハは学んでいたので。
 



【新刊】

「ストップ・メイキング・センス 4Kレストア」パンフレット

「第三版 悪文」 岩淵悦太郎 編著/日本評論社

「日本語の大疑問2」 国立国語研究所 編/幻冬舎新書

「ゴジラ&東宝ゴジラOFFICIAL MOOK vol.18 ゴジラ対ヘドラ」 講談社

「ボブ・マーリー ラスト・ライブ・イン・ジャマイカ」パンフレット




 2月のぶらり寄席が10日(土)に開催された。
 ポストは少ない。以下3つ。

     ▽ 

【午後のぶらり寄席 2月】
ご存じですか? 今年は閏年。2月は29日まで。閏といえば夏季オリンピック。えっ、この前東京で開催されたばかりじゃないか! コロナ禍で1年延期されたけれど、それでもあれから3年経つのかい。人生も残りわずか。悔いなきように。如月朱古力のぶらり寄席は10日(土)です。

【午後のぶらり寄席 2月】
2月1日、春を感じました。先週は「哀れなるものたち」、今週は水曜に「月」鑑賞。そして、そして昨日は「ストップ・メイキング・センス 4Kレストア版」。「アメリカン・ユートピア」には感激したんですよねえ。劇場で3回観てます。如月朱古力のぶらり寄席は来週10日(土)!

【午後のぶらり寄席 2月】
先週2月のぶらり寄席は16名のお客様。ご来場の皆様に御礼申し上げます。予約受付でミスしてしまいました。2月の予約を1月分として受けていたんです。他にもありまして……猛反省。和歌三神&井戸の茶碗。開演中に流れていたモスキート音(?)、結局要因はわからずじまい。

     △ 

 今回も予約でつばなれしました。ありがたいことです。

 人生も残りわずか。
 これ、どこかで書いていると思うけど、あるときから自分の人生を70歳と仮定するようになった。70年で終わりというわけではない。70年生きられれば御の字かなと。あとは余生だと。
 今年10月で65歳になるので、残り5年でやりたいことだけをやろうと考えている。構想×年(たぶん10年は経っていると思う)の小説を執筆したい。これにつきる。毎年目標に掲げて、結局何もできないまま終わってしまうの繰り返し。8㎜映画を題材とした短編連作と長編。これだけはなんとか仕上げたいのだ。
 65歳といえば、年金支給の歳だが、前倒しして60歳からもらっている。だからダブルワークから解放されたのだ。年金(だけの)生活ができないことは悩みの種だが、まあひとりなので何とかなるだろう。

 高座に上がった寸志さんが指摘した。「このピー音はなんですか?」 
 確かに音がする。会場セッティング中は鳴っていなかった。鳴っていれば気になるはずだから。音の鳴るところ、その要因を調べるが、どちらもわからず。そして、お客さんのほとんどにこの音が聞こえていない。気にならないという。
 というわけでピー音の中で高座決行とあいなった。

 一席めは「和歌三神」。大して面白くない噺だが、雪が降ると演りたくなるという。言葉に関心のある人なら和歌三神のもじりのくだりでクスリとなる。
 二席めは「井戸の茶碗」。師匠の談四楼さんの十八番ネタ。寸志さんの手にかかるとくすぐりが増え爆笑ネタになる。


 この日は夕方から同じ神保町で「西神田寄席」があった。談四楼師匠の会。コロナ禍でずっと中止になっていて、4年ぶりの開催だとか。常連さんとのダベリング(寸志さんが不参加の懇親会)の後、一人で参加。
 記録のため書いておく。
 
 談声 「たらちね」
 小春志 「黄金の大黒」
 談四楼 「一文笛」
 
 〈仲入り〉

 小春志 「子は鎹」
 談四楼 「おすわどん」

DSC_0407

DSC_0405




2023/02/20

「イニシェリン島の精霊」 TOHOシネマズシャンテ

 「スリー・ビルボード」の監督(マーティン・マクドナー)作品ということで興味を持った。

 実は、もっと軽めの男二人の友情の崩壊、再生の物語だと思っていた。
 とんでもなかった。
 長年の友人を拒絶するようになった男。理由もわからずこれまでどおりのつきあいを求める相手に、関わるなら自分の指を切り落とすと宣言。実際、指を1本切り落としてしまうのだ。
 映画は友人の目線で描いているから、男はかなりの偏屈、変人に見える。
 やがて理由が判明する。
 彼は残りの人生を音楽と作曲に専念したいと考えていて、だから余計な、無駄と思えるつきあいを切り捨てたいのだ。
 この気持ち、わかる。そう思った。
 友人と呑むのは楽しい。しかし、先が見えたこの歳で本当にやりたいことは何なのかを考えると、もっと一つのことに邁進した方が良いのではないか。いや、友人以外の単なるつきあい程度の呑み、というべきか。
 とはいえ、指を切り落とすとは正気の沙汰ではない。それも最終的に左手の指すべてを、だ!
 作曲に、演奏に指は必要不可欠なものではないのか? わからない!
 「スリー・ビルボード」の監督だけのことはある!?

 舞台となるイニシェリン島の風景が素晴らしい。
 どこか、老年のルーク・スカイウォーカーが住む島を彷彿とさせてくれる。



2023/02/27

「対峙」 TOHOシネマズシャンテ

 室内劇、会話劇というところに惹かれて観た。

 予想したとおり劇中音楽は一切なし。
 高校銃乱射事件の被害者と加害者、それぞれの両親による対話を描いたドラマなのだが、これほど夢中になれるとは!
 どちらの親にも感情移入できる。

 最初、登場したときはどちらが被害者なのか、加害者なのかわからない。
 やがて被害者の親とわかる夫婦。ふたりのやりとり、妻の怯えた表情、妻を気遣う夫。
 それが対話を通して立場が逆転していく。
 息子への愛。回想シーンがなくてもそれぞれの息子たちの表情が見えてきた。声が聞こえてきた。




2023/02/09

「マリッジカウンセラー」 池袋シネマ・ロサ

 Mさんにチケットをもらい、最終上映日に足を運ぶ。チケットをもらわなかったら絶対観ないだろう映画だが、これがなかなか面白かった。
 昭和男(渡辺いっけい)が左遷で結婚相談所の仲人として働くざるをえなくなり、奮闘する描いているのだが、けっこう笑えるのだ。拾い物。
 Mさんありがとうございます!


2023/02/13

「ヒトラーのための虐殺会議」 恵比寿ガーデンシネマ

 初めての訪れた劇場(だと思う)。
 チケット購入時、機械の操作の仕方がわからず、スタッフの女性に手伝ってもらった。プリントアウトすると、クレジットの用紙は出てきたが、肝心のチケットが出てこない。ロール用紙が切れてしまったようだ。
 機械を代えて、本機の方でプリントアウトしたら、購入したG-05は支機の方で予約状態だから、同じ席を指定できない。隣のG-04を指定、プリントアウトしたものを手書きで05に訂正したものを渡された。スタッフは平謝りだが、貴重なチケットをゲットだぜ、と喜んだ次第。

 1942年、ドイツ・ベルリンのヴァンゼー湖畔の大邸宅。15名のナチス・ドイツ政権の高官が会同し、ヨーロッパのユダヤ人の移送を殺害についてその分担と連携を討議したヴァンぜー会議を描く。
 とんでもない会議だった。誰一人反対しない。一人異を唱えるが、それだってあくまでも法に則っての発言で、殺害を反対しているわけではないのだ。


2023/02/17

「バビロン」 TOHOシネマズ日比谷

 終了時間を確認してわかった。上映時間が3時間を超えていた。
 途中で腰が痛くなって困った。これまでだって3時間を超す映画は観ているが、腰が痛くなるなんてことはなかった。

 とにかく音楽が良い!
 サントラを購入しよう。 




2023/02/01

「ケイコ 目を澄ませて」 池袋シネマ・ロサ

 しみじみ涙の映画。それにつきる。
 ドラマチックな展開はない。
 聾唖の女性ボクサー(岸井ゆきの)の日常とまわりの人たちとの交流模様をごくごく普通に描いている。カメラワークも奇をてらわない。
 途中から、たとえばボクシングジムの会長(三浦友和)の台詞やしぐさに感じるものがあって目じりに涙が……。


2023/02/02

「沓掛時次郎 遊侠一匹」 神保町シアター

 〈特集 俳優・渥美清〉の1本。
 招待券を使って最終上映日前日に足を運ぶ。
 1966年東映作品。
 原作:長谷川伸、脚本:鈴木尚之・掛札昌裕、監督:加藤泰

 沓掛時次郎を演じるのは中村錦之助。渥美清は時次郎を慕う自称子分の朝吉役。
 この朝吉(のキャラクター)が素晴らしいと確か小林信彦が書いていて、一度ビデオかDVDで観ている。あっというまに殺されてしまうのだが。寅さんの原型みたいな人物だ。
 スクリーンでの初鑑賞。

DSC_0270
有楽町のガード下に貼られている「沓掛時次郎 遊侠一匹」のポスター


2023/02/06

「仕掛人・藤枝梅安(一)」 TOHOシネマズ日本橋

 製作委員会の会社数がとんでもない。42社。ほとんどがTV局だ。
 梅安役にトヨエツ? ちょっと線が細すぎないか、特に面長がイメージじゃない。
 予告編では思っていた。
 映画だと堂々としていて悪くない。年齢を重ねた結果か。ガタイがいいから見栄えがする。
 江戸の町並みをロングで捉えたショット。斬り合い時の血しぶき。CG技術の賜物だ。

 (一)は原作の「おんなごろし」と「梅安晦日蕎麦」を絡ませ構成している。
 ストーリーに関して2つばかり疑問がある。
 梅安が最初に殺しを請け負ったおかみ殺し。
 このおかみにはまるで非がない。殺す相手を徹底的に調べるのが梅安の信条ではないのか?
 梅安の妹は、これまで映像化では徹底して悪女として描かれていた。梅安も妹を殺す際にまるで情けがない。それが今回の映画化では最後の最後に優しさを見せる。
 これも梅安の信条に反するのではないか?

 梅安が仕掛けに使用する針が細いところがリアルだった。
 「必殺仕掛人」から思っていたことだが、あの太さだと検死の際、ぜったい針で刺された痕が残る。殺人だと露見してしまうのではないか、と。

 川井憲次の音楽には大満足。




プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top