かつての若者たち、今の若者たち、
ちょっと70年代の青春に触れてみませんか?

「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」
M1380006.jpg

僕たちは悲しいくらい純情で、
泣きたいくらいバカだった。

上京して予備校に通う男女5人の友情と恋の行方――
70年代を代表するフォークグループと同じ女性2人、男性3人
男がひとりあぶれることで、うまくいく一年間のはずだったのに……

高校生でもなく、大学生でもない。浪人という不安定な時期の揺れ動く内面、青春に特有のせっかちさ、ひたむきさを等身大で切り取り、ほろ苦さと甘酸っぱさを細やかにつづる。作中に登場する映画や文学は当時を思わせ、登場人物たちに若いころの自分を重ねる読者も少なくないだろう。昭和のひと時代を感じられる本書は、赤い鳥ファンのみならず世代感覚を共有する人にお薦めの一冊。(帯より)

【内容】
 はじめに

 プロローグ
 第一章   こごえそうな春
 第二章   きわめつけの夏
 第三章   ぬくもりの秋
 第四章   ほとばしる冬
 エピローグ そしてまた春

 体験的赤い鳥ヒストリー
 体験的70年代フォーク論

 おわりに

文庫:250ページ
出版社:文芸社 
価格:700円+税
発売日:10月15日


 書店でご注文願います。
 Amazonでも取り扱っています。

本作についてこんな感想があります。




スポンサーサイト
 「たちばないっぺいの口笛が叫び」が動だとすれば、みたかゆうは静の世界。だからつぶやきなのだ。

     ◇

   蛇と口笛

  夜、口笛を吹くと蛇がでるよ
  あの草むらの陰から
  乾いた冷たい瞳が
  こっちを見るよ

  夜、口笛を吹くと蛇がでるよ
  あのにごった川面を
  音もなく泳ぎながら
  赤い舌だすよ

  夜、口笛を吹くと蛇がでるよ
  夜、口笛を吹くと蛇がでるよ
  …でも、会ってみたい気もする
  どうして 細長いの
  どうして恐ろしいの
  どうして 気味悪いの

  だって だって
  蛇は言う
  だって だって わからないもん

  蛇の瞳は涙でいっぱい


     ◇

   ざぁざぁ川

  川の流れに
  みんな 何を見てたのだろう
  小さな小さな川の流れ

  つくしんぼ、あめんぼう
  アマガエルをつかまえてエビガニ釣り

  長い長い雨の後の
  子豚の産毛の生えた肌
  冷たい猫の黒い内臓
  白い目の鶏

  眩しい陽射し 田んぼ道
  泳ぐ蛇におののきわめき
  カエルの口に爆竹をはさんだ

  うるさすぎる蝉の声
  麦わら帽子 白い網
  くわがた虫にかぶと虫

  青い空 黄色い風
  肌に突き刺すからっ風
  白い土には靴の音
  中途半端な雪だるま

  いつもみんな この川を眺めていた
  小さな小さな川の流れ

  コンクリートに固められ
  重い蓋をかぶせられ
  もうあの音は聴こえない

  小さな小さな川の流れ
  僕は何を見たのだろう

  小さな小さな川の流れ

     ◇

   無題

  何もかもおしまいなんだね
  そう思いたくないけれど
  優しさにかくれた一瞬のナイフが
  今、胸につきささる

  だから もう
  さよなら

  まだ愛してる
  そうささやく前に
  耳をふさいでしまうんだから
  いいわけなんか聴きたくないよね

  だから もう
  さよなら

  いつか夢中になって
  ベストを編んでいた茶店
  話なんてうわのそらだから
  しかたなくくすり指ばかり見つめていた

  私、変わったのよと煙草をふかす
  煙草喫う女 嫌いじゃないけど
  君に煙草は似合わないよ

  だから もう
  さよなら

  だから もう さよなら

     ◇

   交換日記

  想い出は脆く
  ノートの中のあなたは
  いつまでも変わらないのに
  燃やしてしまわないと
  僕の気がすまない

  ふたりの気持ちがひとつだった
  2年の月日なんて
  あっというまさ

  今 こうして10分で終わった

     ◇

   賭博ゲーム喫茶 “J”

  薄汚れた紫の煙
  けたたましい機械音
  しみったれた顔 すまし顔
  ケバイ女 売れないタレント
  無言 罵声 そして狂喜
  不遜な態度 無邪気な瞳
  ビール コーラ アイスミルク お茶
  機械仕掛けのボーイ
  不敵な微笑
  店長のささやき
  指先のマジック

  裏の世界なんて くそくらえ

     ◇

   祭

  TVはお祭りさわぎ

  にぎやかな歓声

  渦をまいた笑顔

  いつも楽しそうに





 ら抜き言葉
 もう死語ですね。
 アナウンサーは皆使っていますもん。
 NHKはどうなんでしょう?

 解説なんて無粋ですが、少々。
 70年代、永六輔さんがラジオでよく指摘していました。
 中野翠さんもさんざん叫んでいました。
 元朝日新聞のエース記者、本多某さんは自身の故郷の方言だと強調していました。
 島田某さんのミステリーに「ら抜き言葉殺人事件」があります。

 高校時代、ラグビー部の練習のあと、部室に戻りながら、ら抜き言葉を嘆いていたら、監督のAさんに怒鳴られました。

     ◇

  ら抜き言葉よ永遠に!

 誰も彼も使ってる
 老若男女 日本全国
 みんなで使えば怖くない

 ドラマの台詞も
 CMコピーも
 みんなみんなあたりまえ

 見れない 出れない 食べれない
 見れない 出れない 食べれない

   永六輔さん、残念でしたね
   鯨尺はうまくいったけど
   ら抜きだけは止められません

 何が悪いかわからない
 指摘されてもわからない
 TVじゃみんな使っているじゃん

 人気タレント 文化人
 政治家だってあたりまえ
 アナウンサーも平気のへー

 見れない 出れない 食べれない
 見れない 出れない 食べれない

   昔、昔、その昔
   国語の試験でこんな問題ありました
   「次の文章で間違った れる、られるの
    使い方はどれでしょう?」

 電車の中も 役員会議も
 居酒屋 ディスコ
 どこもかしこも

 すでに誰にもわからない
 すべて常識 あたりまえ
 どこがおかしい? 何がいけない?

 見れない 出れない 食べれない
 見れない 出れない 食べれない

   ある日あるときある高校のクラス討論会
   委員長の中野さんは力説する
   「たった一文字発音するのに
    どうして労力惜しむのよ
    なんてたって語感が悪い
    あたしは絶対使いません」
   クラスの秀才 本多くんが反論する
   「愛する郷土の方言だ 
    どうして使っちゃ悪いのさ」

  けんけんごうごう かんかんがくがく
  議論は続く

   島田先生に相談したら
   思いっきり怒鳴られた
   「がたがた言うな どうでもいいこと」
   なんだか殺気だっている
   殺人事件が起きそうだ!?

 見れない 出れない 食べれない
 来れない 着れない 信じれない
 蹴れない 在れない 起きれない
 寝れない 生きれない
 られない りれない るるれない
 れれない ろれない れれれのれー

   結論!
   言葉なんて 通じりゃいいのさ




 この前、地元のブックオフで中古CDを購入した。オールディーズ特集の2枚組と「モテキ」のサウンドトラック。
 映画の感想を書いていないか、調べたら、これだけだった。
     ▽
いやはやサイコー! 恋愛時の男女の気持ち、狂おしいほどの相手への想い。ああ、わかるわかる。後半叫んでいた、心の中で。
     △

 「モテキ」の音楽で一番ガツンときたのは橘いずみの「失格」。CDもこの曲ばかり聴いている。
 今度一人カラオケで歌ってみようか。
 何度も聴いているうちに、叫びという点で昔書いた詩を思い出した。

 高校3年の春だった。高1でふられた彼女への想いがつのりにつのって会ってもらった。しかし、会話ははずまずこれで完全に失恋したことを悟った。
 その夜、飲めないアルコール(それもアップルワイン)をがぶ飲みして酔っぱらって、日記に書き綴った文言がこれだ。別に詩を書いたつもりはないのだが。ステレオで音楽をガンガンかけて、父親に怒られたことを覚えている。

 HP「夕景工房」を開設して、創作ページに詩のコーナーを創って掲載した。タイトルはそのときつけた。

 創作ページにこれまで日記に書いた詩を掲載する際、内容で「たちばないっぺいの口笛」と「みたかゆうのつぶやき」に区分した。
 たちばないっぺいというのは、自主映画を撮っていたとき、主人公の名前によく使ったことから使用した。みたかゆうは、かみサンの旧姓から最初と最後の文字を削除したもの。

     ◇

  音信不通/17歳 あるひとつの恋の終り

  今度こそ本当に忘れてしまいなさい
  会ったって どうってこない
  黙っていたってはじまらないし
  何より自分が惨めになってくる
  初恋は必ず破れるものさ
  今まで何とも思わなかった身振り手振り
  急にイヤになって……しかたのないこと

  今度こそ素直になれるだろう
  もう何も悩むことはない


  オレはおしゃべりなのか 無口なのか
  三枚目なのか 二枚目なのか
  他人はどう見てどう感じているのか

  女性と話しすることが それほどうれしいことなのか
  手も握ったこともないくせに

  電話かけることが素晴らしいのか
  夢だけ大きくて実行力に欠けることは

  街でカップルに出逢って意識せずに通りすぎることができるか
  ひとりがそんなに楽しいか
  ふたりはどんなに窮屈か
  話題を見つけるのに苦労しないか
  彼女の瞳を見つめられるか

  映画はひとりで観るのがいいか
  隣を振り向き寂しくはないか

  それはラブストーリーではなく
  ホラーでもサスペンスでもなく
  ただただ寅さんであると

  友だちは何人いるのか
  女性は友だちになれるのか
  映画に泣くことがあって音楽に涙することはないか

  今何を求めている
  女か 彼女の身体か

  裸体を見て 正確に「きれいですね」と発音できるか
  何事も考えず美だけを求められるか

  日記ってなんだ
  この日記はオレ自身だと叫べるか

  雨は嫌いか 夕陽は好きか

  泣きたいときは泣けばいい
  怒りたいときは怒ればいい

  殴りたかったら 殴ればいいのさ




 本日やっとインターネットがつながりました。
 機器設置の工事が完了したのは18日。そのとき業者の人から接続の方法を記した小冊子をもらった。ところが、記載どおりにやっても接続されない。プロバイダーの転居に関する手続きをしてないことに気がつき、一週間経てからやっと手続きを終えて、また小冊子どおりにやってもやっぱりダメ。
 仕方ないからリモートサポートサービスに入会し(月々500円かかる)、本日何とかつながった。サポートの人が遠隔操作でPCを動かし、手続きしてもらった次第。

 新しい職場は神保町のブックカフェ二十世紀です。
 火木が休みで、それ以外は11時から19時(日・祝は18時)まで働いています。
 19時からはイベントが入ったりします。
 このイベントを企画、運営したくてブックカフェ二十世紀で働いたというわけです。
 今、いろいろ企画を考えています。

 皆さま、神保町に来たときには、ぜひブックカフェ二十世紀へお立ち寄りください。

 先週金曜日が最終出社でした。
 以降は有休消化となり退職は2月末日。
 8日(月)に引っ越ししました。部屋にはネット端末が来ているので連絡すればすぐに機械が設置されて利用できるもの、と考えていたのが甘かった。工事するのは一週間以上後になるということで、来週18日(木)に予約しました。
 ネットが使えないということはブログが更新できません。
 来週まで休みます。


 昨日市川崑映画祭が終了しました。予定していた作品はほぼ鑑賞しました。
 「女経」「「日本橋」「私は二歳」「雪之丞変化」「炎上」。「悪魔の手毬唄」が時間の関係で観られなかったので、代わりに同じようなプロットの「天河伝説殺人事件」を。
 昨日は「炎上」のあと、新宿ピカデリーで「残穢 住んではいけない部屋」を。
 書き忘れていましたが、1日には「クリムゾン・ピーク」を観ています。

 更新しなければならない項目がいっぱいあります。
 忘れているわけではないので、もう少しお待ちください。北海道のジンギスカンさん!

  ネットカフェにて




 週末、風邪でダウンしていた。いつのころからだろう、熱がでるともうダメ。この世のおわりというか、今はSEKAI NO OWARIか、とたんに動きが鈍くなり、節々が痛くなってきて、そうなると何もしたくなくなって、もう寝るしかない。
 1日は映画サービスデーだったので、有楽町へ出て日劇で「エクソダス 神と王」を観ようと思っていたのだけれど諦めた。

 先々週23日は3年ぶりに「さばの湯 談四楼独演会」に足を運んだ。で、思った。オレは貧乏神かもしれない。極端にお客さんが少なかったのだ。告知が全然できなかったのが要因らしいが、確かに私も当日師匠のツイッターで知ったのだから仕方ないか。
 昨年12月、上野広小路亭の立川流夜席に伺ったときも客がつばなれしなかった。まあ、さばの湯の場合、客の少なさが逆に至福とも言えることは言える。師匠の話芸を独占できるという意味で。
  「お見立て」&「富久」。「お見立て」は初めて。

 翌日はMOVIXさいたまでフルCGアニメ「アップルシード アルファ」鑑賞。昨年の「キャプテン・ハーロック」にも言えるが、ハリウッド・コンプレックスだよなぁ。
 その翌日は池袋で自主映画の闇鍋上映会。上映会後の懇親会は参加せずに帰るつもりで、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の録画をセットしなかったのだが、結局最後まで残ってしまって観ることができず。土曜日の再放送もすっかり忘れていた。「花燃ゆ」、視聴率の悪さが話題になっているが、気にしない、気にしない。私は音楽が川井憲次ということで注目している。

 「笑点」で三宅裕司&小倉久寛のコントをやると知って予約録画したのだが、帰宅して再生したら別のコンビのコント(?)だった。はて、日にちを間違えたか? 理由は翌日のネットニュースで知った。
 27日は「シェアハウス・ウィズ・ドラキュラ」。もっと笑える映画かと思った。ニヤニヤ、ニタニタ、ムフフレベル。つまらないわけではない。キャラクターが皆愛おしい。音楽がユニークだった。へたうまってああいうことを言うのではないか?




 大地震の被災者の皆さまにお見舞い申し上げます。

 11日は、JRが終日運行停止のため会社に泊まった。
 翌日朝の7時からJRが運転再開するということで、品川駅に出た。が、横浜~鶴見間の点検に手間取り京浜東北線は動かないまま。駅に停車している車両は満杯、ホームも人の列で一杯。

 ホームに駅員にくってかかる男性がいた。
 商談のため前日飛行機でやってきたのだが、地震で交通がマヒして羽田空港で宿泊。今日は7時に電車が動き出すと聞いて、京浜急行で品川駅にやってきた。なのに、電車が動かないとはどういうわけだ。これでは先方と約束した時間に間に合わない。いったいどうしてくれるんだ。
 男性の話を要約するとこうなる。
 駅員はお詫びの言葉を口にする。男性は許さない。7時に動くと言ったにもかかわらず、動かないのはおかしい。誠意を示せ、責任者を連れて来い! 

 状況が状況だけに、約束の時間に間に合わなくても、先方は文句は言わないだろう。遅刻が原因で商談がご破算になったとしたら、逆にそんな会社なんて相手にしない方がいい。
 だいたい、被災地のことを思えば何だって我慢できる。電車がストップすることも、会社に泊まることも、動いている電車を求めて歩くことも。(このときはまだ実施されていないが計画停電も)
 イヤでも男性の怒声を耳にしてしまう周りの人たちは、みな同じことを思っていたのではないか。
 
 前日(10日)に地元シネコンで「ヒア・アフター」を観た。冒頭の津波シーンに肝を冷やしたが、帰宅して見たニュース映像に言葉を失う……。


 追伸

 なぜTV局は計画停電に協力しないのですか?




 2月のトーク&ミニライブ前後の飲み会で知り合ったMさんが亡くなっていた。
 今日、中野ZEROのショーケンライブの構成、エンディングの構成がどうだったか、思い出すためにいくつかのブログをあたっていて知った。

 2月のライブのあと、大口広司追悼ライブに行こうと約束したにもかかわらず、都合でNGになってあわててお詫びの電話をした。その後、何度かメールのやりとり。サイトを教えてもらって某市の市会議員であることを知った。大病を患ったことも。会ったときの容姿から予想はしていたのだけれど。
 旦那さんのバンドがライブを企画している、春ごろ下北沢で。
 行くから連絡ください。
 連絡がなかったけれど、別になんとも思わなかった。忙しいのだろうと。

 横浜で会えなかった。中野でも。
 もしかしたら病気が再発して入院しているのだろうか? 初めてそう思った。
 
 まさか10月に亡くなっていたなんて。

 落ち込んでいる。

 合掌




プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top