平成ゴジラシリーズには裏切られてばかりいた。
 平成ゴジラシリーズとは平成の時代になって制作された「ゴジラvsビオランテ」(1989年)から「ゴジラvsデストロイア」(1995年)までの計6作品を指すが、まだ昭和だった1984年に原点回帰を標榜して制作された「ゴジラ」を含めて総称される場合が多い。

 84年版の「ゴジラ」は、期待が大きかっただけに失望の度合いも激しかった。テーマ、ストーリーは第一作の精神を引き継いでいるにもかかわらず、演出が凡庸で巨大怪獣の恐怖はもちろんのこと、スリルやサスペンスを感じさせてくれないのだからどうしようもない。劇場で二度観ての感想である。

 監督はデビュー作のSF映画「さよならジュピター」でSF的、特撮的センスのなさを露呈させていたので、新作ゴジラを監督すると知ったときは不安でたまらなかった。その不安がまさに的中してしまったというわけだ。
 演出云々の前にシナリオの問題を指摘する人もいるだろう。しかし、映画を観る前にキネマ旬報に掲載されたシナリオを読んで、ゴジラに対する核攻撃をめぐる米ソ日の緊迫したやりとりにけっこうハラハラドキドキしたことは確かなのだ。にもかかわらず、映画で同じ感覚を味わうことはできなかった。
 だいたい冒頭のミイラ化した船員の死体や巨大フナムシの、いかにも作り物感まるだしの登場シーンで大きく膨らんでいた期待感が萎えてしまったのだから、やはり演出が拙かったのだと指摘しておきたい。

 ゲスト出演がやたら多かったことも気になった。特に浮浪者役の某の扱い。高層ビルに出没して料理を漁っているところでゴジラに遭遇する。ここで印象的な台詞を吐くまではいい。笑える。この後、直後ゴジラの一撃でビルの崩壊とともに絶命するというのがルーティーンだろう。ところが、なぜかもう一度登場して主人公たちに絡むのである。うんざりだった。
 ラスト、三原山の火口に落下していくゴジラを見て涙を流す首相にも、頭に「?」がいくつも浮かんだ。

 肝心の特撮も旧態依然としていて興奮させてくれなかった。ゴジラと実写の合成なんて酷い出来だった。クライマックスで突然自衛隊の架空の兵器(スーパーX)が登場したときには頭をかかえてしまった。デザインも名称も垢抜けないことおびただしい。
 ゴジラの造形もイマイチで、サイボットゴジラの導入も思ったほどの効果はなかったような気がする。スーツゴジラとサイボットゴジラの顔が明らかに違うのは興ざめだった。
 
 84年版「ゴジラ」が第一作「ゴジラ」の舞台を現代(1984年当時)に置き換えたリメイクではなく、続編の体裁をとっていることも大いなる疑問だ。これまで築き上げられてきた昭和のゴジラシリーズ、「ゴジラの逆襲」から「メカゴジラの逆襲」までの作品をなかったことにして、30年ぶりにゴジラが東京を襲うという構図。
 では第二作「ゴジラの逆襲」のリメイクかというとそうではなく、ゴジラの出自のみ第一作を引き継ぎ、あとはリメイクといっていい作りなのである。だからタイトルは第一作と同じ「ゴジラ」にしたに違いない。実にややこしい。

 この項続く




スポンサーサイト
 以前、某サイトのウルトラシリーズに関する論文を読んだ。そこに書かれていた、初代ウルトラマンに関する素朴な疑問に対して自分なりの回答をメールした。読んでもらったのかどうか、返信はもらえなかった。
 現在、TOKYO MXの円谷劇場で「ウルトラマンタロウ」を観ていて、感じていること、「A」以降の感想も含まれているのでここに掲載する。

          * * *

 初めまして。
 1959年生まれのウルトラファンです。
  「帰ってきたウルトラマン 造形 かっこ悪い」で検索していたら貴サイトがヒットし、「××××デザイン論」を読ませていただきました。

>初代マンAタイプのあのでこぼこの顔は、素人目で見てもかっこわるいが、これに対して初期ウルトラのファンは別段批判をしないのはどうしてだろう。

 上記の疑問ですが、初期ウルトラのファンを〈幼少時にリアルタイムで「ウルトラマン」を視聴していた〉ファンとすれば、批判しないのは当たり前だと思いますよ。「かっこ悪い」と認識していないからです。少なくとも私はそうです。

 1973年生まれの★★さんがウルトラファンになったときは、ウルトラ兄弟が当たり前にように存在しており、ウルトラマンシリーズ=ウルトラ兄弟という認識だった思います。

 ですから、「マン」「セブン」「帰マン」「A」「タロウ」「レオ」を同列で、すべて最初からあるものとして比較してしまう。でも、ウルトラマンは何もないところから登場してきたんです。 
 月光仮面、ナショナルキッド、といった等身大の、人間が仮面をつけているだけのヒーローしか観たことがなかった子どもが(少し前から「マグマ大使」が始まっていますが)、初めて「ウルトラ作戦第一号」を観たときの、ブラウン管に登場してきたウルトラマンに対する強烈な印象はいまだにはっきりと覚えています。私にとってはAタイプこそがウルトラマンなのです。
 BタイプやCタイプのマスクやスタイルは造形的に素晴らしいものですが、Aタイプにはそれだけではない何かがあるといっていいでしょう。初期ウルトラのファンにとっての、〈刷り込み〉、〈思い入れ〉といったものでしょうか。

 帰マンの、特に3クール以降の造形がかっこ悪いと私は思っていますが、生まれて初めて観たウルトラマンが「帰マン」だったウルトラファンの場合、それが帰マンではないかという認識で、かっこ悪いとは思っていません。「A」も同様。刷り込み、思い入れとはそういうものです。
 つまり、ものごころがつく時期に何のウルトラマンを見るかによって、ウルトラ(マン)シリーズに対する印象が決まってしまうんでしょうね。

 また、初期ウルトラのファンが第二期ウルトラ(マン)シリーズを何かと批判するのは、特に「A」以降で顕著なのは、セミレギュラー化したウルトラ兄弟が原因なのではないでしょうか。
 第二期ウルトラ(マン)シリーズに出演する初代ウルトラマン(やゾフィー)のかっこ悪さといったらありませんでした。初期ウルトラのファンからすると造形的にも、ドラマ的にもかっこ悪いんです。
 ウルトラ兄弟の客演がなければ、「A」「タロウ」「レオ」を独立したウルトラの作品と捉えて、「マン」や「セブン」と比較することもなく、印象も変わっていたのかもしません。

 というのは、第二期シリーズの中で唯一観たことがなかった(それだけ嫌っていた)「ウルトラマンタロウ」のDVDの第一巻と最終巻をレンタルして観たんです。貴サイトを覗いて観ず嫌いを返上しようとした結果です。
 タロウとZATの隊員たちが繰り広げるコメディドラマ(?)も悪くないと考えを改めました。できればウルトラシリーズではなく、タイトルにウルトラマンの冠がなければもっといいのに、と。
 ただし、そこにウルトラ兄弟が登場するともうダメです。「マン」や「セブン」の世界観を否定されたような感覚に陥るんですね。




プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町のブックカフェ二十世紀で働いています。さまざまなイベントを企画、開催していますので、興味あれば一度覗いてみてください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top