FC2ブログ
 「まぐまPB10 アニメと特撮のあいだに」が完成しました。

 ブックカフェ二十世紀でトークイベント「高野浩幸タイム・トラベルトーク 今、蘇る少年ドラマシリーズ!」が開始されたことを記念して、高野さんに3時間に及ぶインタビューをしました。その記事が掲載されております。
 その他、小特集用にトキワ荘関連の映画や書籍に関するコラムを寄稿しています。はい、「夕景工房」や「もうひとつの夕景工房」に書いたレビューを修正したものです。

 以下の書店で直販されています。

 ・タコシェ(中野) 
 ・模索舎(新宿) 
 ・夢野書店(神保町)
 ・ブックカフェ二十世紀(神保町)

 また、通販も行っております。

 ・蒼天社通販
 


magumapb10
A5判・定価 本体500円+税
制作:STUDIO ZERO/発行:蒼天社/発売:開発社

目次:
 〈巻頭言〉 アニメと特撮のあいだに 小山昌宏
 福岡特撮座談vol.2~大森一樹さん(映画・脚本家)
 〈ブックレビュー〉「サンデーとマガジン創刊と死闘の15年」 新井啓介
 特撮への愛とマンガ・アニメに対する嫉妬。 足立加勇
 マンガとアニメの「間」を考えるーアニメ経験研究に向けた試論 池上賢

 俳優生活半世紀 高野浩幸 インタビュー

 〈シネマレビュー〉 バクマン。 新井啓介
 六〇年代特撮映画と音楽ー「大魔神」と「サンダ対ガイラ」 梅田浩一
 「裂け目」としてのライダーマンをめぐって 小池隆太

【小特集:トキワ荘の今昔物語】
 藤子・F・不二雄が描いたトキワ荘 稲垣高広
 〈ブックレビュー〉 二人で少年漫画ばかり描いてきた 新井啓介
 〈シネマレビュー〉 トキワ荘の青春 新井啓介
 時代あれこれトキワ荘周辺漫歩 小出幹雄
 原作と映画のあいだに ~回想録『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』は、いかにして映画『これでいいのだ! 映画☆赤塚不二夫』になったのか? 新井啓介

 『リバース・エッジ』はいかに改装/回想されたか? 三津木浩之
 〈BL的想像力〉が与えてくれるもの 西原麻里
 宗教アニメーションにおけるメディアミックス かに三匹
 90年代韓国のダメディア・ミックス 大江留丈二
  ~メディア・国家・時代そして版権までもクロスオーバーしてしまったマンガ原作映画

 表紙・本文イラスト/向さすけ



スポンサーサイト
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top