北の湖急死のネットニュースに声をあげた。前日、緊急入院したとあったけれどまさか翌日に亡くなってしまうなんて。

 アンチ北の湖だった。熱狂的な貴ノ花(初代)ファンだったから全盛時代の北の湖は敵役だった。ほんと強くて憎らしくて、だからこそ貴ノ花の2度の優勝は溜飲をさげたものだった。2度とも優勝決定戦で北の湖を破っての優勝だったから。部屋の中で踊りまくった。
 北の湖が引退して、本場所(大相撲ダイジェスト)を観るのにいまいち気がノラない。ああ、俺はアンチ北の湖ファンだったんだ、と気がついた。そうファンだったのだ。
 62歳……
 合掌

 阿藤快(当時は海)を最初に観たのは「傷だらけの天使」かもしれない。関根恵子がゲストだった回。関根恵子をヒモにした初心者の享(水谷豊に)にヒモの心得を説く先輩役だ。
 日本テレビ火曜日21時から放映されていた「大都会」シリーズ等の一連のTV映画によく悪役として出演していたように思う。リアルタイムでわかっていたのか、再放送で確認したのか、よく覚えていないが。
「ショーケン」(萩原健一/講談社)で知ったのだが、「影武者」の撮影時に大けがしている。
 なぜ海から快に改名したのかわかった。
 映像界はまた素敵な俳優を失った。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
2003年 小林信彦を撃て! #1
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top