野坂昭如の訃報に叫んでしまった。病気を患って長いこと表舞台に登場しなくなっていたし、年齢的な問題(85歳)もあったのだから、もっと冷静でいてもいいはずなのに。

 「フリースタイル30」の小林信彦インタビューで、野坂昭如を話題にしていたからだろう。ラジオ番組で永六輔や前田武彦が最初にフリートークをやった思い出話から、三木鶏郎事務所時代の野坂昭如の話になる。当時、永六輔に疎まれていたんだと。先日、(野坂昭如が書いた)「マスコミ漂流」が送られてきたので読んだ、自分(小林信彦)のことがでてくるのでしょうがなく等々、けっこう突き放した対象として語っている。
  
 週刊文春の見開き2頁のエッセイは、21世紀の今は、林真理子、小林信彦、椎名誠(もう連載は終了)が有名だが、昭和の時代、80年代は、野坂昭如、向田邦子、田辺聖子がその位置にいた。僕が文春を買いだしたころはこの3人がメインだった。

 70年代は、花の中年御三家の一人として認識していた。「マリリン・モンロー・ノーリターン」はしばらくの間「マリリン・モンロー・ノータリン」だと思っていた。モンローはあまり頭がよくない、でもかわいい女なんだと歌っているのだと。これ、別に作っていない、本当のこと。
 永六輔にしても、小沢昭一にしても、著作を読んでいるのに、野坂昭如だけは、これまで1冊も読んだことがない。不思議なもんだ。
 「マスコミ漂流」は読もうと思っている。

 ところで、「火垂るの墓」は二度と観たくない映画である。観ると号泣なんてものではないのだから。

 合掌




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「FOUJITA」、「マイ・インターン」、「アウターマン」
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top