今週は映画づいていた。

 8日(火)は角川シネマ有楽町にて「FOUJITA」を観賞。
 小栗康平監督は群馬出身、同郷なのだから小栗監督作品にもっと親しんでもいいような気がするが、昔から苦手ときている。
 理由は簡単。TVの特撮ヒーロー番組で監督デビューしているにもかかわらず、その事実を自身のフィルモグラフィーから消していることを知って、腹をたてた、それ以来。

 「FOUJITA」は美術(風景、衣装、家屋、小道具、その他)に堪能する映画ではないか。特に舞台が日本に移ってから。もううっとり。たまに意識がなくなったりして。だから、ラストに登場するCG仕様の狐に唖然。なぜ?

 前半のフランスシーンには芸術の街らしくヘアヌードが当たり前のようにでてくる。
 その昔、60年代だから大昔になるか。確か「太陽がひとりぼっち」だったと思うが、劇中に女性の裸をあしらったボールペンがでてきて、ヘアが写っていた。これが映倫で大問題になった。小林信彦のコラムで知ったことだ。
 半世紀近く経ってやっとそんなバカなことで騒がなくなったというわけだ。

 小学生のころ「太陽がひとりぼっち」の主題曲が大好きだった。放送部員になったとき、いつもレコードをかけていた覚えがある。

 エンディングロールでなんとか編集(よく覚えていない)・岡本泰之なるクレジットを見た。あの岡本さんだろうか?


 10日(木)は丸の内ピカデリーで「マイ・インターン」。この映画、TVでLiLiCoがこの秋公開される映画の中で一押しだと言っていた。

 だから観たわけではない。 
 SMCの特典、誕生日にもらった1,100円クーポンが13日で切れてしまう。何か観ようと思った。地元、MOVIX川口で19時10分からの「劇場霊」にするつもりだったが、退社してから急いでも間に合うかどうか心もとなかった。評判もあまりよろしくない。で、すぐに行ける丸の内ピカデリーの「マイ・インターン」にしたというわけ。

 「プラダを観た悪魔」の姉妹編みたいな映画だった。あちらがメリル・ストリープならこちらはロバート・デ・ニーロだ。
 まあ、ファンタジー映画ですな。とはいえ、ラストでさわやかな気持ちになるのは間違いない。始終音楽が流れていたような。
 製作、脚本、監督はナンシー・マイヤーズ。女性監督なのか。


 11日(金)はヒューマントラストシネマ渋谷で「アウターマン」。特撮仲間のSさんと。
 河崎実監督作品に対しても偏見があった。過去観ているのは「電エースに死す」しかない。しかし、これは面白い。「ギャラクシー・クエスト」の日本版、特撮ヒーロー版か。

 ウルトラ(マン)シリーズに関する小ネタが全編にわたって挿入されていて思わず笑ってしまう。
 劇中にTVのコメンテーターとして3人の評論家が登場する。山田敏太郎 を演じるのは 山口敏太郎、同様に池田現象は池田憲章。この2人のもじりはわかった。もう一人、ダニエル・ウィンダムだけ知らない存在だった。クレジットでダニエル・アギラルなる人だと知って一人大笑い。

     ◇

 【おまけ】

2007/01/13

 「プラダを着た悪魔」(新宿アカデミー)

 ジャーナリストを目指すヒロイン(アン・アサウェイ)が、業界に多大な影響を及ぼす権威を持つファッション雑誌編集部で働きだし、性格の悪いカリスマ編集長(メリル・ストリープ)の下で右往左往する話。
 ファッション(というかブランド)にほとんど興味を持たない男が、巷の評判を気にしてチェックした次第。

 編集長の傍若無人な性格を毎日の出社風景の連続で描写したり、垢抜けないヒロインが徐々に華麗なファッションに身を包んでいく様子を1日にまとめてしまうシーンに、スタッフの苦労がしのばれた。とっかえひっかえ服を着替えながら撮影するのだから。垢抜けないと書いたが、あくまでも映画中のこと。個人的には充分好みだ。
 ベストセラーの映画化というが、そんな小説があるなんて、まったく知らなかった。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
富田靖子 in 「さびしんぼう」「ネットワーク・ベイビー」
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top