世間にはアンチ萩原健一っているんだなぁ。

 BSが観られないので、ドラマ「鴨川食堂」、主演のショーケンについてはツイッターで感想を追いかけている。僕自身ツイッターはやっていないのだが、気になる項目だけ閲覧しているのだ。昔はブログだったが、皆ツイッターに切り替えたので。

 ドラマが放送される前に、ショーケン中傷の記事がでた。ドラマ制作中若手俳優を虐めて降板させたと。その前にはわがまま三昧で撮影ができない、NHKに損害を与えていると。
 ドラマが始まると、京都弁は下手だけど、演技自体は称賛されている(感想が多い)。
 と思っていたら、昨日から俳優を降板されたという以前の記事のリツートが目立つ。かなりの人がリツートしているのだ。

 ある意識を感じる。
 絶対、ショーケンを陥れようとしている。降板俳優の熱狂的ファンだろうか。それとも事務所?

 何も知らない人がこの挑発にノッてしまうんだよ。リツートしている人でどれだけの人がショーケンを知っているのか。わかっているんなら悪口書けよ。
 知らないのなら黙ってろって。

 90年代、テレビ朝日の「柊又三郎」でショーケンの若手いびりがあった。何かというと文句が言うらしい。若手俳優の一人、中野英雄は理由がわからず、ある時、自分から何がいけないのか訊いたらしい。それから仲良くなったという。
 雨降って地固まる。
 被害者意識もろだしする前にやることがあったと思う。本人にしてもマネージャーにしても。事務所にしても。
 



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
近況報告
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top