本日(もう昨日だけど)、個人的には休みなのだが午後ブックカフェ二十世紀に顔をだす。夕方予定している「小中和哉の特撮夜話」打合せのための資料をプリントアウトするためだ。

 プリントアウトを終えると、ここのところずっと読んでいる「決定版 ルポライター事始」(竹中労/ちくま文庫)を読み進めてやっと読了。
 その後は、昨日発売のサンデー毎日の特集記事をむさぼり読む。
 ウルトラセブン特集なのだ。この前はウルトラマン(初代)特集だった。売れたんだろうなぁ。だから第二弾はセブン特集だと推察する。セブンの世界観を熊本地震に結びつけるのは少々強引だけれど。元タカラジェンヌが「ウルトラマンX」に出演していたとは知らなかった。
 新作「ウルトラマンオーブ」が放送されるという。オーブってどういう意味?

 15時半、二十世紀を出て夢野書店でブラブラした後、徒歩で新宿に向かう。19時、丸ノ内線西新宿改札口できくち英一さんと小中和哉監督と待ち合わせなのだ。

 神保町~九段下~市ヶ谷~曙橋~新宿五丁目~新宿三丁目~新宿~西新宿

 歩くって東京の街について新たな発見があって実に楽しい。ゆっくりゆったり道草しながら目的地へ。待ち合わせ時間の30分前に到着した。

 トークイベントの一週間前から展示コーナーにて「帰ってきたウルトラマン・スーツアクター きくち英一の秘蔵写真・グッズ展(仮)」を開催することも確定した。

160519_toutyaku
西新宿の到着したとき
夕焼けがきれいだったので思わずパチリ
肉眼だともっと夕焼けが大きいのよ

160519
「007は二度死ぬ」の日本ロケ裏話、帰マンの特撮裏話、
その他もろもろ小中監督と一緒に訊くことができるなんて。
生きててよかった!





関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
傑作の予感 「64-ロクヨン- 前編」
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
No title
こんばんは。私もサンデー毎日セブン特集号買いました。月船さららさんは「X」の中であまり私服姿にならなかったので、綺麗な足をされているのに驚きましたね。できればカラーグラビアは彼女でお願いしたかったなと思いました(^_^;)
しろくろshow さん
もしかすると「サンデー毎日」の新たな金脈になるのかもしれませんね、ウルトラ特集。次はたぶん「帰ってきたウルトラマン」。同じ週の週刊朝日はガンダム特集でした。そういう時代なんですよね。夢中になった世代が40代、50代になっているんですから。

「アイアムアヒーロー」、面白かったですねぇ。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top