こちらもあとで。

2016/03/08

 「ヘイトフル・エイト」(丸の内ピカデリー)

 タランティーノ監督の密室劇ミステリーというから、どんな展開になるのかと興味深く観た。なんてこはない、これまでどおりのタランティーノ節全開ではないか。
 暴力、血。容赦ない描写が続き、何度のけぞったことか。
 ヒロイン(?)のとんでもなさが新鮮。


2016/03/27

 「スイートハートチョコレート」(シネ・リーブル池袋)

 

2016/03/29

 「リリーのすべて」(MOVIXさいたま)

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
2016年4月のシネマ観て歩き
NEW Topics
告知ページ
「溺れる魚」「ミート・ザ・ペアレンツ」「ハード・デイズ・ナイト」 「天使がくれた時間」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #22 ソニー・プレステ2の宣伝効果
「クリムゾン・リバー」「愛のコリーダ 2000」「ビッグママスハウス」 ~ある日の夕景工房から
世紀末~新世紀「2001年宇宙の旅」まつり
「ハンニバル」 ~小説を読み、映画化作品をあたる
「ホワット・ライズ・ビニーズ」 「ペイ・フォワード [可能の王国]」 ~ある日の夕景工房から
「カオス」 ~映画を観て、原作をあたる
「砂の女」「源氏物語 あさきゆめみし」 「スペース カウボーイ」 ~ある日の夕景工房から
「キッド」「顔」「五条霊戦記」「インビジブル」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top