都知事「リオオリンピック・パラリンピックに出たいんです。東京都を笑いものにさせたくない。出たら辞職します」
俺「ぜったい、オリンピックには行かせねぇ!」

     ◇

 一昨日の日曜日(12日)、「殿、利息でござる!」鑑賞。予告編で受けた印象と全然違う内容だった。羽生選手の演技(台詞回し)に驚愕した。

 本日(14日)12時50分から地元シネコンで再度「64 -ロクヨン 前編」を、歯医者に行った後、18時から「64 -ロクヨン 後編」を鑑賞。この映画、4時間かけて1本にしても夢中でスクリーンを見(魅)入ったと思う。
 なんてことを具体的に語りたいのだが、その前に5月に国立演芸場で立川流落語会があったこと、その初日の感想を記さなければならない。忘れていたのだ。

 しかし、23時からのニュース番組で、あのセコねずの顔を見て怒り心頭、冷静さを失っているので、このへんで。


masuzoenezumi




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
お久しぶりです!
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top