昨日、仕事の帰り、コンビニに寄ってスポーツ報知「ウルトラマン特別号」を買った。今年は「ウルトラマン」の放映50周年だそうで、その記念として編集された。まあ、特撮モノで毎年この手の特別号を発売して商売しているわけだけど。

 1966年はビートルズが来日した年である。日付を確認すると、ビートルズの武道館コンサートが終了してすぐに「ウルトラマン」の第一話「ウルトラ作戦第一号」が放映されたのだ。
 ビートルズに関しては、当時の思い出はまるでない。TV放送も観ていないし。小林信彦「ミート・ザ・ビートルズ」でその喧噪を知るしかない。この前、NHKでドキュメンタリーが放送された。リアルタイムで視聴していたし、録画もしている。
 そんなことはどうでもいい。

 西川口駅に着いて、駅ビルの書店に寄ると、「東京人」最新号を発見。特集は「特撮と東京 1960年代」。
 記事の一つを切通理作さんが書いている。題して「怪獣映画の世界は『ゴジラ』から始まった」。
 切通さんが昨年上梓した「少年宇宙人 ~平成ウルトラマン監督・原田昌樹と映像の職人たち~」(二見書房)を今、トイレタイムに読んでいる。とんでもないボリュームだから、じっくりゆっくりとの考えで。

 ブックカフェ二十世紀の特撮トークイベント第二弾として、前述した切通さんの書籍の刊行記念(少々遅いけれど)と銘打ち「叙情派原田昌樹監督の魅力を語ろう!」を8月5日に開催することが本日確定した。
 チラシ作成のための原稿を書いていて、プロフィールの参考にネットで検索したら、YouTube「切通理作×小中千昭 もっと高く! 『少年宇宙人 平成ウルトラマン監督・原田昌樹と映像の職人たち』× 『光を継ぐために ウルトラマンティガ』刊行記念トークセッション」が ヒットした。1:09:38あたりからの、「ウルトラマンガイア」におけるナレーションの欠如、「ウルトラマンティガ」の第50話「もっと高く」におけるレナの告白、に関する質問をしているのは私です。


tokyojin 201608
「東京人」No.374 august2016
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
二つの「リンリンを探して」を観て ~シネりん・6月
NEW Topics
告知ページ
 「グリーンマイル」 ~映画を観て原作をあたる
 「雨あがる」「ボイスレター」 「スペーストラベラーズ」「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」 「DEAD OR ALIVE 犯罪者」 ~ある日の夕景工房から
「シュリ」「海の上のピアニスト」「新選組」「ストーリー・オブ・ラブ」 ~ある日の夕景工房から
「天国と地獄」「どん底」 ~ある日の夕景工房から
「赤ひげ」「御法度」 ~ある日の夕景工房から
「ワイルド・ワイルド・ウエスト」「リトル・ヴォイス」「黒い家」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #19 マスコミの悪意について
「双生児 ~GEMINI~」「秘密」「皆月」 ~ある日の夕景工房から
NHK「ファミリーヒストリー」は8月18日(金)に放送されます!
Comment
No title
こんばんは。

「東京人」って地元のタウン誌でしょうか?表紙写真が実に良かったのでなんとか読めないかとAmazon覗いてみたら取り扱っていたので注文してみました。

それから原田監督の本は私も昨年買ったのですがあのページ数にプラスして字が小さいのには参りましたね(>_<)(寝て読むとめっちゃ重かったですし・・・)

動画の方もこのあと見させていただきます。
しろくろshow  さん
月刊誌「東京人」はタウン誌とはまた別物だと思います。東京都のPR雑誌であることには変わりありませんが。

坪内祐三氏が最初にかかわった雑誌ではないでしょうか。
実相寺昭雄監督もよく寄稿していました。

興味深い特集をするので、そういうときだけ購入しています。
確か、関西にも「大阪人」という月刊誌があるのではないですか。

表紙、いいですよね。カラー化した「ウルトラQ」の1カットでしょう。
ところで、この前のイベント「特撮夜話」懇親会で、このカラー化された「ウルトラQ」が一部で話題になりました。カラー化されたことで画面が明るくなってちっとも怖くなくなってしまったと。「海底原人ラゴン」なんてその最たるものだと。
モノクロも一つのカラーなんですよね。まあ、若い人にはモノクロ(白黒)=昔の作品、観るに値しないという認識があるのかもしれませんが。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top