閑話休題。
 閑話休題の意味を、〈これまでの話題をちょっとひとやすみして違う話をすること〉と思っている人がいる。雑誌等で、そんなふうにタイトルで使っているのを目にすることもあった。
 間違いですから。
 元の話題に戻すときに使うのが正しい。〈それはさておき〉という意味なんです。
 私は、高校時代、倉本聰の本で学びました。


 涙腺崩壊。
 そう言ったのはリオから中継するTBS・石井アナウンサーだが、TVの前で何度もうなずく自分がいた。
 毎朝、リオ・オリンピックの結果に目頭が熱くなって、涙がひとすじ、ふたすじ……。ほんと、どうなってしまったのか、オレの涙腺。
 今朝なんて、女子レスリング、金メダルが3人連続ですぜ。
 いやはや、ずげぇなぁ。

 ガッツポーズのやり方と同様どうでもいい話。
 卓球の水谷選手、銅メダルが決まった瞬間を見て、ハライチの澤部佑と安田大サーカスの団長を足して2で割り、ちょっとかっこよくした顔、と思いました。
 活躍する選手のご両親が皆、自分より若い。選手たちは皆自分の娘より年下なのだから当然なのだが、ちょっとばかりショックだったりして。


 果実師匠。
 別に不愉快になったわけではありませんので謝る必要なんてないですよ。
 謝るのは私の方です

     ▽
 一番肝心なメッセージは残しておいて欲しかったかなと
     △

 すいません、意味をはき違えていました。
 一番肝心な(つまり初代ゴジラの映画にあった)メッセージはあるべきではないか、という意味に受け取ったんです。
 一番肝心なメッセージ = 「ゴジラも被害者である」 ですか。
 ……タメ息ですよ。
  一つだけ。

     ▽
ご存知のようにゴジラは水爆実験により生まれた奇形であり、望んだ肉体や能力ではありません。
     △

 本当に「シン・ゴジラ」観ているんですか?
 別に「シン・ゴジラ」のゴジラは水爆実験により生まれた奇形ではありませんから。
 私が今回主張したかったのは、まさしくこの点なんです。
 それは、本文で。

 参考) 立川キウイの小部屋 2016年8月13日





関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ちょっとひとやすみ その2
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top