承前

 矛盾撞着。

 18日(木)はシネりん8月度の開催にあたって内容の打ち合わせ。
 今回は7月に「若松孝二と赤軍レッドアーミー」(情況新書/世界書院)を上梓した映像ジャーナリストの原渕勝仁さんをゲストに迎えて若松監督をテーマにトークする。
 聞き手は僕。若松監督は連合赤軍や三島由紀夫の小説を映画化しているので、話題の中心はそれらの作品になる予定。

 というわけで、27日(土)は、浅草橋のライブハウスで「ショーケン・トリビュートライブ 『ロックコンサートB〜コレカラの時代の愛〜』」が開催され、早いうちに予約していたのだが、断念せざるをえない。

 打ち合わせ後、新宿ピカデリーで「X‐MEN:アポカリプス」を鑑賞。
 チケットを買いに行ったら、上映まで2時間近くある。仕方ない、近くの居酒屋でひとり呑んでから。

 最後の戦いは、神。
 なんていうキャッチコピーで、やっぱりこのシリーズはサイボーグ009のアメリカ版かと思ったのだが、あれのどこが神なのか。
 敵が味方で味方が敵で。
 シリーズを見通すとそういうことだ。
 それにしても辻褄が合わない。旧シリーズ3部作と新シリーズが合わないだけではない。新シリーズでも第1作と合っていないじゃないか。スタッフ、確信犯だ。若かりしストームが見られたのでまあいいけれど。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
こんな怪獣映画を待ち望んでいたんだ! 「シン・ゴジラ」 その2
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top