昨日(13日)は休み。
 午後、丸の内ピカデリーで「スーサイド・スクワット」を鑑賞する。この秋一番の期待の映画だった。
 悪の軍団の活躍が、往年の洋楽ヒット曲(予告編ではクィーン「ボヘミアン・ラブソディ」が始終流れていた)をふんだんに流しながら描かれている、と思ったからだ。

 もう一つ、ヒロインのハーレ・クイン(マーゴット・ロビー)に注目した。
 例の件で叩かれまくられたベッキーが完全にふりきれて、それまでの良い子キャラをかなぐり捨てワルキャラに変貌した姿に見えてしかたなかった。
 音楽とヒロイン。この二つでこの映画の公開を待ちわびていた。

 映画は、冒頭、ウィル・スミス扮するデッドショットが登場すると、バックに「朝日のあたる家」が流れ、ハーレ・クインに代わると、また別の曲がかかり、とキャラクターごとにテーマ曲が用意されているのかとうれしくなった。が、進むにつれて単なるアメコミ映画化作品になっていき、何度か意識が遠のいた。アクションやヴィジュアルはもう見飽きてしまっているのだ。ハーレ・クインがいなかったらどうなっていたか。
 残念。

 ウィル・スミスが出演していることにも驚いた。〈オレさま映画〉以外には興味がないと思っていたので。

 アメコミには興味がない。にもかかわらず、実写映画化作品はよく観る。で、マーベルとDC、二つのブランドのうち、DCの方が自分の好みであることが分かってきた。
 このことを、アメコミに造詣の深い方に言うと、「ざっくりとした印象ですが、マーベルは東映、DCは円谷プロなんですよ」と教えてくれた。

 「荒野の七人」のリメイク、「マグニフィセント・セブン」の予告編でも「朝日のあたる家」が使用されている。単なる偶然か。まさか、アメリカで「朝日のあたる家」ブームが起こっているとか。
 ちなみに、この歌は娼婦の話。原題「House Of The Rising Sun 」は本当なら「朝日楼」とでも訳すべきなのだ。とずいぶん昔に教わった。 




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
緊急告知 ~「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top