すごいなぁ。「シン・ゴジラ」人気。
 朝日新聞が取り上げて驚いたのだが、なんとあの「週刊金曜日」が特集しているのであわてて購入した。

 BC二十世紀では、週刊金曜日編集部とコラボしてトークイベントに取り組みはじめたのだが、これまでこの左系週刊誌を読んだことがなかった。編集委員のあの人やあの人が苦手なもので。

 購入したのが一昨日の夜で、昨日特撮仲間のSさんに携帯メールで知らせた。
 しばらくして返信があった。書店で件の雑誌を探したがないので、レジで店員に訊いたところ、持ってきてくれたので、内容を確認する暇もなく買わざるをえなかった。「特撮秘宝」最新号(シン・ゴジラ特集)と子どもの絵本を持っていたからだとか。別に買う本があるのなら、逆に中だけ確認して返却することもできるだろうと僕は思うのだが、まあ人それぞれということで。

 で、読んだ感想は「糞だった!」。
 まあ、Sさん右系だからな。
 二人で呑むとき、最初の話題は当然特撮なのだが、やがて原発、政治の話になり、安倍政権について徹底討論になるのが最近の傾向だ。

 ちなみに週刊金曜日の特集のタイトルは「シン・ゴジラと核」。
 僕はまだ読んでいません。


SHINGODZILLA




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
尋ね人 showken-funさん ~「明智探偵事務所」
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top