明けましておめでとうございます。

 昨年6月までなんとか毎月UPしていた読書録が7月以降ストップしてしまった。忙しくてノート記載のメモを書き写すのが面倒になったのだ。来月まとめて、来月まとめて、なんて思いながらとうとう年末になってしまった。
 だったら、大晦日に一挙にやろう! そう宣言したにもかかわらず、結局、コミケで「まぐま」販売の手伝いをして打ち上げに参加して帰宅したら、もうクタクタ。そのまま布団に入ってしまって、元旦を迎えてしまった。

 ということで、まだ昨年をひきずりながら2017年のブログを始めます。
 今年もどうぞご贔屓に、よろしくお願いいたします。

          * * *

2016/07/05

 『「私」のいる文章 発想・取材・表現』(森本哲郎/ダイヤモンド社)

2016/07/08

 「正しいのはどっち? 語源の日本語帳」(岩淵匡 監修 一校舎国語研究会 編/永岡書店)

2016/07/14

 「おかしな男 渥美清」(小林信彦/ちくま文庫)

2016/07/17

 「すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考」(マキタスポーツ/扶桑社)

2016/07/19

 「1979年の歌謡曲」(スージー鈴木/彩流社)

2016/07/21

 「音聖 筒美京平」(田中忠徳/東洋出版)

2016/07/28

 「若松孝二と赤軍レッドアーミー」(原渕勝仁/情況新書・世界書院)

2016/07/30

 「鉄人28号①」(横山光輝/小学館)

     ◇

2016/08/02

 「どろろ」(手塚治虫/秋田書店)

2016/08/12

 「クレアが死んでいる」(エド・マクベイン/加島祥遥 訳/ハヤカワ文庫)

2016/08/14

 「なつかし漫画王 あの漫画ヒーローにはこんなヒ・ミツがあった」(逢河信彦/実業之日本社)

2016/08/20

 「にほんのうた 戦後歌謡曲史」(北中正和/新潮文庫)

2016/08/29

 「グッドモーニング 監督 本多猪四郎と撮影所の時代」(樋口尚文/図書刊行会)

2016/08/31

 『日本人が「使いすぎる」英語』(デイビット・セイン/PHP文庫)




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
年末年始の映画観て歩き
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
明けましておめでとうございます
旧年中は色々とお世話になりました。
本年も何卒宜しくお願いいたします。

しろくろshow さん
今年もよろしくお願いいたしますね。

「フランケンシュタイン対地底怪獣」がスクリーンで観られてうらやましい。
「クレクレタコラ」、「傷だらけの天使」の東宝企画プロデューサー、磯野理さんの発案の作品です。
なんてことを貴ブログに書き込もうと思っていたのですが、ここで書いちゃいます(笑)。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top