書き忘れていたこと。
 今年になって、最初に発売された「漫画ゴラク」。北川れい子の映画紹介(タイトルは「極楽シアター」)のページを開いたら、タイトルのところに「〈ネタばれ注意〉とあった。
 この表記、昨年もあったっけ? なかったような気がするが。

 しかし、呆れてしまうではないか。
 この頁は新作映画の紹介なんだよ。
 キネマ旬報や映画芸術といった雑誌への寄稿ならば、論考としての側面があるからストーリーの記述でネタばれがあってもいい。
 でも、このコラムはあくまでも読者がこれから観ようとする映画の指針となるべきものだろう。だったら、映画のキモとなる要素はできるだけ伏せて紹介するのがプロだろうに。
 それをしないで、堂々とタイトルにネタばれ注意と書くアツカマシサ。
 そんなんじゃ、一般人のブログと変わらない。

 ドキドキしながら読みましたからね、私。また「ピンクとグレー」や「ミュージアム」みたいなことになるのかなと思いながら。
 これからは、ミステリ、及びミステリ要素の濃い映画が紹介されていたら読まないことにします。

 先週の週刊文春の小林信彦の「本音を申せば」では、「この世界の片隅に」について書いていた。こちらもある意味ネタばれしていた。
 御大、いつもネタばれに関しては細心の注意を払って書いているのに、どうして? と疑問に感じながら、こう結論づけた。
 映画は公開されてからずいぶん経つ。大ヒットして、拡大公開になって、多くの人が鑑賞している。だから、あくまでも自分が感銘を受けた要素を、ストーリーを含めて書いた。書いても、これから観る人の妨げにはならない、との判断のもと。
 これから公開される新作、すでに公開された映画、その差の違いではないか。

 キネマ旬報の2016年のベストテンが発表されて、「この世界の片隅に」がベストワンに輝いた。2位は「シン・ゴジラ」である。
 やったぁ!と新聞記事で知ったときは小躍りした。
 以前にも書いているが、キネマ旬報のベストテンはあくまでも選者個々のベストテンの平均が反映される。
 各人が4位や5位と考えて選出した作品にもかかわらず、皆がその順位だと、平均で一位になってしまう弊害があるというわけだ。
 洋画の「ハドソン川の奇跡」など、そんな感じがする。いや、「ハドソン川の奇跡」はいい映画だと思う。タイトルだけだと、なぜ、イーストウッドが? という疑問が生じるが、実際に観れば得心できる。ただ、2016年のベストワンか言われると考えてしまう。これも平均値がなせる結果だろう。

 で、「この世界の片隅に」である。
 僕自身は、このアニメ映画がベストワンになったことに対して大いに納得できる。
 この映画は、アニメでなければ描けない要素がたくさんあった。描写そのものに。それだけで涙がでてきたもの。
 映画は昭和8年から始まる。この年に母が生まれたので、個人的には感慨深い。
 とても愛おしい映画。鑑賞後、ヒロインの声を耳にするだけで、絵を見るだけで目頭が熱くなってしまう。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「シン・ゴジラ」 ~書き忘れていたこと
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top