これまた、FBからの転載です。

     ◇

 もうすぐ「キングコング:髑髏島の巨神」が公開されます。レジェンダリー版「キングコング対ゴジラ」につなげるための映画であれば、〈髑髏島の巨神〉ではなく〈髑髏島の魔神〉にしてほしかったと往年の東宝特撮映画ファンとしては思います。
 また、この映画、ウルトラマン(初代)の「怪獣無法地帯」のキングコング版と言えますよね。まだ観てないから断言できないですが。
 
 それはともかく、書籍の方でも、特撮関連本が立て続けて出版されています。そんな書籍の出版を記念してブックカフェ二十世紀では4月28日(金)にトークライブを開催します。

 たとえば、ウルトラマン(シリーズ)ファンでも、世代によって、何をウルトラマン(の世界観)に求めるか、全然違いますからね。
 当日は、ひとつの世代論が展開されるのではないかと思っています。

 特撮ファンは要チェックですよ!

heiseitokusatsusedai




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
きくち英一が語る「ナンバーテン・ブルース さらばサイゴン」ベトナムロケ撮影秘話
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
訃報 大杉漣
「売れない役者 あなたの知らない芸能界サバイバル」「江戸一口ばなし」 ~ある日の夕景工房から
「出版クラッシュ? 出版に未来はあるかⅡ」「4U」「A2Z」  ~ある日の夕景工房から
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top