全然新規のブログが書けない。
 続きものがいくつかあるのに手がつけられなくて、自分でもあせっている。

 昨日は、BC二十世紀の毎月恒例「日曜ぶらり寄席」。
 これまで一度も雨にたたられたことがなく(降っても、始まる前に止んでしまう)、出演の立川寸志さんに「晴れ男」の勲章を与えていたのに、今回は止む気配がなかった。
 ということで、これまで開演前は高座にあがる着物姿でチラシ姿にはげんでいた寸志さん、今回は私服で雨に濡れながらの呼び込みとなった。
 雨にもかかわらず、今回も20人を超える集客となった。常連さんも何名かいらっしゃていたけれど、ほとんどがフリの方。これはうれしい。
 1年やってきた「日曜ぶらり寄席」、なんとか定着した感じがする。
 4月はお休みして、特別企画としてGWの5月1日(月)、2日(火)、3日(水・祝)の3日連続で開催する。
 昨年の3日連続落語会が好評だったため、「日曜ぶらり寄席」が誕生したのだ。

 で、今年のGW最初のイベントの告知。またまたFBからの転載だ。

     ◇
 
 4月30日が何の日かご存知ですか?
 42年前、サイゴンが陥落したんですね。
 思えば、私の小学時代から中学時代にかけて、ベトナム戦争が行われていたんです。戦争といったら太平洋戦争のイメージで、教科書で習う遠い過去のもの、といった印象が強い中、リアルタイムで戦争が行われていました。
 太平洋戦争だって、自分が生まれる14年前のこと。当時は遠い昔の出来事でしたが、今でしたら(成人してから)つい最近ですよね、14年前なんて。

 さて、そんな4月30日、ベトナムにまつわるトークイベントが開催されます。
 ベトナムに興味ある方、帰ってきたウルトラマンファンの方、ぜひ足をお運びください。
 予約開始しました。
 きくちさん秘蔵の、ロケ現場で撮影したスナップ写真展も併せて開催します。


kikuchitalk
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
映画鑑賞 大失敗の巻 ~「牯嶺街少年殺人事件」
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top