若いころ、大学生のころですが、心に誓っていたことがあります。
 大人になったら、つまり親の世代になったらという意味ですが、そういう年代になっても 「今の若いやつらは」といった調子で若者たちを非難するのはやめようということでした。
 しかし、最近、どうにもこうにも我慢できないことが続いています。

 先週22日、事業計画発表会があった日のことです。
 朝、京浜急行品川駅で電車を待っていたら、若い女性が、今流行の座った状態で待っているんです。別に誰にも迷惑をかけているわけでもないし、座って電車を待ってはいけないルールもないですが、その姿勢がその場に適していない、というか、そぐわない、とても違和感があったんです。

 で、発表会が終わって帰りの品川駅、京浜東北線のホームなんですが、今度は若い女性が二人、同じスタイルで電車を待っているんです。
 疲れているのならベンチに座ればいいんですよ。これって、常識っていうか、羞恥心があればできないことではないでしょうか?

 私自身、非常識なことをやるし、他人さまのことをとやかく言える人間でないことは承知していますが、こと、社会の中で、あくまでも公共施設というか、そういう場所では、他人の目を気にします。
 それは、見られているからという理由だけでなく、見られる見られていないにもかかわらず、そうすることがエチケットとわきまえているからだと思うんですよ。

 以前、酒の席でもお話しましたが、電車内で化粧する女性、それも最初から最後までえんえんとやるわけですね。これも羞恥心の欠如だと思うのですが、全般的に羞恥心がなくなっているからだと思うんです。

 今朝のニュースで携帯電話の電車内での使用を不快に思う人が日本人の約半分いることを伝えていましたが、番組内のコメンテーターの大学教授は大学生の60%は迷惑ではないと思っていると言っていました。
 確かに電車内で携帯電話を使っている人たちすべてが迷惑ではありません。きちんとマナーを守っている人もいます。
 でも、私にしてみれば、そういう公共の中で、自分のプライバシーをさらけだすというのが恥ずかしいのです。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
前々項の続きの・ようなもの 「X-MEN」シリーズ
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top