先週、疲れで1日仕事を休んだことはすでに記した。
 すっかり疲れもとれて意気揚々と出勤した朝の品出し作業。脚立を利用して棚の上にある商品を降ろして棚を補充していた。脚立を何度か昇り降り。作業が終わって脚立を降りたとたん腰に激痛が走った。
 そう、やってしまいました、ぎっくり腰。
 痛みはまだひかない。
 明日、病院に行ってきます。

 以下、FBからの転載。

     ◇

 先週は4日連続イベントでした。
 5月のイベントも残すところ一つ(実は25日(木)にもうひとつあるのですが、それはクローズドの会合なので)。
 21日(日)、15時からの「小中和哉の特撮夜話 Vol.2 ゲスト飯島敏宏氏」。
 夜話なのに、なぜ昼間に開催?
 まあ、そうカタいことは言わないでください。
 日曜日ですし、飯島さんも高齢ですので。
 日曜日の午後ですと、お客さんも来やすいのでないでしょうか。

 飯島さんは第一期ウルトラシリーズのレギュラー監督で、当日は特撮の話で盛り上がるのでしょうが、木下プロダクションでドラマをプロデュースしていた名プロデューサーの顔もあります。
 昔、TBSの木曜日22時から〈人間の歌シリーズ〉というドラマシリーズがありました。私がこのシリーズで最初に惹かれた作品が「それぞれの秋」でした。一家の大黒柱である父親が脳腫瘍となり、その発症、入院、手術をとおして家族の絆が描かれる内容でした。私、このドラマで脳腫瘍というものを知ったような気がします。

 父親が小林桂樹、母親が久我美子、その息子が林隆三、小倉一郎、娘が高沢順子。ドラマは小倉さん演じる次男が語り部となって進行します。スケバン役で桃井かおりも出演しており、私、それで女優桃井かおりを認識したのでした。
 まったくのフィクションとしてドラマを楽しんでいたのですが、まさか、7年後に我が家でどうようなことが起きるなんて、思いもしませんでした。母親が脳腫瘍になったんですね。手術は成功したものの、ドラマの小林桂樹のように回復することはありませんでした。一級の障碍者になり、その後20年間寝たきりの生活でした。

 「それぞれの秋」は、この春、BSで放送されました。友人に頼んで録画してもらい、先日、収録されたDVDをいただきました。
 まだ観ていません。ちょっと怖いんですね。フィクションとして楽しめませんもん。
 このドラマでシナリオライター、山田太一を知り、その後は倉本聰とともに追いかけました。
 飯島さんにはドラマ作りについても、いろいろお聞きしたいんですよ。

 まだ、席は若干の余裕がありますので、ぜひご予約のほど、お願いいたします。

tokusatsuyawa2




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
キムタク、GJ! 「無限の住人」
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
6月は紫陽花の彩
「徳川三代 家康・秀忠・家光」「ビートルズを笑え!」 ~ある日の夕景工房から
「あの頃マンガは思春期だった」「ホンモノの文章力 自分を売り込む技術」 ~ある日の夕景工房から
最低最悪
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その4   
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その3
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その2
紙ふうせんシークレットライブ 2018
「光源」「脳男」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top