このところ、毎日のようにひとりカラオケに通っている。
 休みの日は、昼間2時間行って、夜また1時間、なんてもことも。
 映画鑑賞に出かけて、始まるまでの時間つぶし。以前ならカフェで読書だった。今は歌広場(もしくはカラオケ館)に直行してしまう。

 うたう歌は決まっている。

 リバーサイドホテル
 とまどうペリカン
 ダンスはうまく踊れない
 ケンとメリー
 ジュリアに傷心
 約束の十二月
 ああ無情
 女ぎつね on the Run
 目を閉じておいでよ
 愚か者よ

 この10曲は必須科目(曲)で毎回、ほぼこの順番でうたっている。
 で、どうなるかというと、自分で言うのもなんだが、うまくなっているのである。あくまでも個人比だけれど。何かを習得するときは、繰り返しの実行がいかに大切であることを実感している次第。
 中学時代の中間試験、期末試験。試験の期日と該当ページが発表されると、1週間ばかり、繰り返し教科書を読んで内容を暗記したものだ。
 稽古ってそういうものだろう。

 こんなことを思った。
 もし、落語を覚えたいなら、人前で演じたいなら、毎日カラオケBOXに通い、2時間なら2時間みっちり稽古する。1か月後には前座噺の一つや二つなんとかできるのではないだろうか。
 別に僕はそこまで落語に入れ込んでいないし、披露したいなんて思っていないからやらないけれど。

 プロの噺家だったらどうなのだろう?
 やはり稽古は必要ではないか。
 耳で何度も落語を聞いていたって、うまくはならない。
 時間があるならさ、映画観る暇があるなら、1日いくばくかは稽古した方がいいんじゃない?
 映画をいくら観たって、落語の稽古にはならないのだから。
 なんてことを、あの方に言いたいんだけれど。
 ま、聞く耳もたないんだろうな。

nesshow
最近よく行くスナックで熱唱!
(誰だ!? こんな写真撮った人は)


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その4
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
No title
こんにちは。

Keiさんがバービーボーイズを選曲されていたのは意外でした(__;) 私若い頃から好きでアルバム全部持ってましたけど、自分で歌うとけっこう難しかったので・・・それと杏子パートは店のおねいさんにお願いしたのでしょうか??
しろくろshow さん
こんばんは。
私、バービーボーイズ、YouTubeでよく聴いてました。で、すこし前に、ベストアルバム購入、毎日聴いております。杏子の声にけっこうホの字なのであります。
歌ですが、男女すべて一人でやります。ただ、行きつけのスナックで「目を閉じておいでよ」をうたうときはマスターが女性パート、私が男性パートをうたっております。昨日も歌いました(笑)。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top