2017/05/27

 「紙ふうせんシークレットライブ 2017」(Gallery Nu-Vu)

 その3から続く

 今回のパフォーマンスは、自分にとって「赤い鳥楽曲講座」というような位置づけだった。実際のライブでどんな話をしたかったのか、ここに文字で再現したい。

     ◇

 皆さんの中には赤い鳥時代からのファンもいらっしゃると思います。
 そういう方々にお訊きしたい。赤い鳥で一番好きなアルバムは何でしょうか?

 私の場合、2枚のライブアルバムははずせません。特出していると思います。
 スタジオ録音に限定すればメンバーのオリジナルで構成された「祈り」ですね。「紙風船」が収録されている「パーティー」も好きですが、やはり「祈り」を挙げます。大村憲司さんのギターにしびれます。
 前半は後藤さんがハジけまくっています。朗読はあるわ、コミックソングは歌うわ、絶叫するわ、大好きです。それが終わると「雨」「虹を歌おう」「誰が鳥を」「星」と続く流れがいいんですね。「雨」を聴くと、雨の日もわるくないなあと思いますもん。

 ほとんどの曲を大村さんが担当していますが、このアルバムの肝は後藤さん作詞作曲の「誰が鳥を」と平山さん作詞作曲の「星」だと思っています。

 ほとんどの曲を大村さんが書いてtいますが、このアルバムの肝は後藤さん作詞作曲の「誰が鳥を」と平山さん作詞作曲の「星」だと思っています。

「星」は大村さんのギターと平山さんのヴォーカルの絡みが素晴らしくまさにロックしています。大村さんは新居潤子さんの声に惚れていて、彼女に歌ってもらいたくて赤い鳥に楽曲を提供していたと聞いたことがあります。確かに新居さんが歌う「虹を歌おう」や「みちくさ」等いい曲があります。でも、大村さんの鋭角なギターの音色は力強い平山さんのヴォーカルにこそ合っているのではないでしょうか?
 「星」は、特に、エンディングで入ってくるスキャット風の声がいいんです。低音でメロディーを奏でるのですが声の響きがズシンとくるのです。平山さんのヴォーカルというと高音の透きとおる声が有名ですが、低音もまた魅力なんです。聴くたびゾクゾクします。

 「誰を鳥を」を最初に聴いたのは、ライブアルバム「ミリオンピープル」でした。
 最初の印象は楽しい曲だなというものでした。
 後藤さんが語り部として歌いだして、〈風〉の役を担当、続けてメンバーの大川さん、平山さん、山本さんが〈森〉、〈雨〉、〈牡牛〉の役で後藤さんに絡んできます。
 男女が集まって歌うのには最適だなと思ったんです。誰か一人がギターを弾いて。もちろんハーモニーも完璧です。最後は圧倒されますから。

 こんな歌です。

 (「誰が鳥を」を歌唱)

 内容については特に考えたことがありませんでした。ちょっと童謡っぽいところは後藤さんらしいと思ったくらいですか。メロディーは僕の琴線に触れて大好きです。
 この曲がマザーグースの「誰が駒鳥殺したの?」にインスパイアされてできたものだと知ったのは、小林信彦の「唐獅子株式会社」を読んだときで、大学生でした。

 「唐獅子株式会社」ご存知ですか?
 大阪のやくざの組員が、流行に敏感で気分屋の大親分の鶴の一声で社内報を発行したり、放送局の設立したりその他もろもろ右往左往するさせられる爆笑の短編集です。その3作目で社内報に掲載されるのが、主要人物の一人が大阪弁で訳したマザーグースの一編「Who killed Cock Robin?」。〈極道バージョン〉と銘打った「だれが駒鳥いてもうた?」です。
 なんと「誰が鳥を」には元ネタがあったんですね。

 このまま続けます




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
1分間スピーチ #15 倉木麻衣と宇多田ヒカル
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
No title
FC7月号が届きました。シークレットの内容が写真でつづられておりましたが、keiさんのこの後を記していただければ・・・ 待ってます
ジンギスカン さん
FC通信が届く前に完成させなければ。
そう思っていたんですけどねぇ。
ごめんなさい。できませんでした。
もうしばらくお待ちください。
あと少しですから!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top