だめだ、ダメだ、全然ブログが更新できない。
 前項なんて何日かかって書き上げたか。
 反省。
 なんとか体制を立て直さなければ!

          * * *

 先日(先週か)、テレビ東京「午後のロードショー」で「メン・イン・ブラック」が放映された。BC二十世紀におけると学会イベントを紹介した際、話題にした映画だ。
 劇場で観たのは19年前になる。今はなき新宿ミラノ座で。

     ◇

1998/02/02

 「メン・イン・ブラック」(新宿ミラノ座)

 地球には数多くのエイリアンがすでに滞在していて、それを秘密裏に管理する団体がある。その中の不法侵入・不法滞在するエイリアンを取り締まる男たちふたりの活躍を描いた映画である。
 なんてかっこつける必要はないか。
 大いなるホラ話、バカ話なのだ。巨大バッタ出現!とか手のひらに乗るミニクジラとか、いかにも嘘っぽい写真とともに紹介する海外の大衆紙(日本でも「ムー」などが転載・特集本なども発売)のいかがわしい世界を一流のSFXで表現したといえようか。
 実際映画の中でエイリアンの情報源が街の露店で売っている大衆新聞紙だというエピソードがあり笑ってしまう。

 夜、村中を飛行するトンボの目線でカメラが縦横無尽に動く冒頭のクレジットバック、とある農家の一軒家の向こう側の夜空に流れる小さな流星、それがだんだんとこちら側に接近してきて巨大な火の玉になったかと思うと庭先に駐車していた自家用車に衝突するシーンが印象的だった。
 しかしその他の驚異的なSFXシーンはもう感覚が鈍感になってしまって何も感じない。「CGじゃん、デジタル合成じゃん」と思えばすべてが納得できるのだ。
 このカットはどうやって撮影したのだろうといろいろ想像できた一昔前の特撮映画がなつかしい。  




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「フェース/オフ」 ~ある日の夕景工房から
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「売れない役者 あなたの知らない芸能界サバイバル」「江戸一口ばなし」 ~ある日の夕景工房から
「出版クラッシュ? 出版に未来はあるかⅡ」「4U」「A2Z」  ~ある日の夕景工房から
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top