昨年の夏、朝はゆっくりできたのできちんと朝食をつくって食べてから出勤していた。
 毎日のようにつくっていたのが冷やし中華。それもダイエットするためこんにゃく麺を使用して。スーパーに行くとラーメン風、蕎麦風、うどん風とさまざまなこんにゃく麺が売っているのだ。
 具の中で少々面倒なのが錦糸卵だが、毎日つくっていると慣れた。調味料はまったく使わず卵のみを使用。それで十分だった。それからハムの代わりにサラダチキン。これがうまいのなんの。

 そんなわけで、BC二十世紀の賄い料理で、久しぶりに冷やし中華に挑戦した。
 具の量を考えて3人前作ることに。某日曜日、一緒に働くW嬢と同じフロアの@ワンダーで主にネット販売商品の写真撮影に精をだすK嬢、そして僕の3人。
 前日にインスタントの麺を買っておいた。僕はごまだれが好きだ。市販のはだいたい3袋入っているので、二人に声をかけたのだが、W嬢はしょうゆ味がいいという。ごまだれとしょうゆ味の二つを購入。
 とにかく具が多かったので、「具だくたん冷やし中華」と命名した。

 翌日、また冷やし中華をつくった。
 前日を同じものでは味気ない。きゅうりを炒めてみたらどうか。もやし&ハムと炒めて卵でとじた。それを麺のうえに。「ゴーヤチャンプル風冷やし中華」と命名した。

 別の日、やはり同じフロアの@ワンダーで働くS嬢にラーメンをつくった。野菜はこちらで調達するから麺だけ用意してと伝えていたら、「ちょうど2食分あった!」と自宅から「昭和の醤油ラーメン」を持ってきた。あの北原照久氏が監修している。醤油味だけど、とてもこってりした味だ。
 食べ終えたS嬢は「おいしかった!」と言って、こう続けた。「かっこいいおじさんにつくってもらったって自慢しちゃおう」
 あの、Sさん「おじさん」は余計だと思うよ。確かにおじさんだけどさ。


KIMG0005
具だくさん冷やし中華

KIMG0007
ゴーヤチャンプル風冷やし中華

KIMG0003
昭和の醤油ラーメン




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
1分間スピーチ #18 ネガティブ思考について
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top