先週、ドリキャス撤退のニュースが日経にリークされ、それにまつわるマスコミ各社の報道合戦が過熱した感があります。
 それこそ、「待ってました!」というマスコミのセガへの対応でした。

 ここ数年、マスコミのセガへの対応は、いいニュースでも悪く、悪いニュースはことさら悪く、書くという情けない状況でして、これを打破するには一にも二にも赤字脱却しかわけですが、まあ、その話はとりあえず置いておきまして、今日はマスコミの悪意についてお話しします。

 皆さんは週刊誌は読まなくても、電車の中吊広告をご覧になる機会は多いでしょう。
 その中吊広告のタイトルが実際の記事の内容とまったく逆の場合があることがあります。

 一昨年、大河ドラマ「元禄繚乱」が始まったころ、ドラマの担当ディレクターが綱吉役のショーケン(萩原健一)を批判する、というような記事(のタイトル)を中吊広告で目にしました。ショーケンファンとして、ショーケンの綱吉は久々にらしさを発揮していましたから、スタッフの批判はとても気になります。すぐに週刊誌の記事をあたりましたよ。
 読んで驚きました。内容は逆なんです。ディレクターはショーケンを褒めているんです。

 中吊広告の記事のタイトルに惹かれて実際の記事を読めば良いですが、大半の人は中吊だけで判断してしまうでしょう。
 こうして個人あるいは団体、法人に対して偏見をもつ、誤解をしてしまうことがかなりあるはずです。

 マスコミ、メディアというのはある種の聖域であり、私たちの中に特別視するところもあります。
 しかし、マスコミも一つの企業で利潤追求しなければなりません。儲けるためには、一般大衆に受ける、雑誌を購入する、TVを視聴する、そうさせるための記事やニュースを作る側面があります。
 そういうことも心しておく方がよいと思っています。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「ワイルド・ワイルド・ウエスト」「リトル・ヴォイス」「黒い家」 ~ある日の夕景工房から
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top