昨日は休み。夕方、特撮の友、Sさんとおちあって横浜高島屋で開催されている「ウルトラセブン展」へ。
 そういえば、何年前になるのだろう、新宿高島屋で円谷プロ関連の展示会があって、やはりSさんと足を運んだのだ。
 全体の印象は、あのときのウルトラセブン版といえるだろう。
 「狙われた街」のジオラマ(特撮セット)には胸躍った。

 もうひとつ、地球防衛軍の秘密基地のジオラマで初めて知ったことがある。ウルトラフォーク2号は、1号の2倍ほどの大きさなのである。ドラマの中ではほとんど同じ大きさだったような。
 それから、こちらはファンの間ではお馴染みだが、ウルトラフォーク3号とマグマライザーの大きさ。設定ではフォーク3号よりマグマライザーの方が大きいのだ。ドラマではフォーク3号がマグマライザーを搭載して、現地まで運搬するシーンが何度かでてくるのだが。
 「セブン暗殺計画 前編」では、窮地の陥ったダンとアンヌが乗ったポインターをウルトラフォーク1号が急降下しながらキャッチして助けだすくだりがある。フォーク1号の下部にドッキングしたポインターはフォーク1号の半分ほどだったが、そうなるとポインターの全長は何メートルになるのか!

 ウルトラセブン トリビアその1

 「蒸発都市」の冒頭(だったか?)、都心のビル街で異変(ビルの消滅)が起きて、人々がビルから屋外へ逃げ出すカット。カメラは移動しながらその模様を撮っているのだが、ガラスに撮影クルーがしっかり写っている。

 ウルトラセブン トリビアその2

 「あなたはだあれ?」でサラリーマン(小林昭二)と交番の警官が話しているカット。奥の方で少年が物陰から飛び出して、撮影中であることを知ってあわてて引っ込む姿がはっきり写っている。

 会場の最後のコーナーではスクリーンに最終回の「史上最大の侵略 後編」が上映されていて、僕らが行くと、最後の最後のシークエンスだった。
 何度も観ているのに、ちょっと目が潤んでしまった。恥ずかしい。

seventen1

seventen2

seventen3



 


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
怒涛のイベント4日間連続!
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top