今日も仕事を休んだ。
 体調はよくなったが、少々不安なところもあるため、無理せずもう1日休養をとった次第。
 日給月給のため、収入を考えると大不安なのだが、歳を考えて無理しないことにしたわけ。

          * * *

 豊田某議員の暴言問題。
 僕は、あの秘書(運転手)の気持ちが手にとるようにわかる。
 セガの映像事業部に出向していたとき、部長を乗せて社用車を運転しているとき、いつも助手席から暴言を浴びせられていたからだ。本人には説教なのだろうが、運転手には暴言そのものだった。
 頭にきて、何度ハンドルを切って反対車線に出て対向車にぶつけてやろうかと思ったことか!

 3ヶ月の沈黙を破って、「文藝春秋」のインタビューを受けたことから、昨日からテレビのワイドショーでまたあの罵詈雑言が流れている豊田議員。いろいろ言い訳しているけれど、あの録音はあまりのインパクトだ。今回、病欠で部屋にいたから、耳にする機会が多く、これほどのものだったのかと驚いた次第。

 で、その「文藝春秋」、先月号から発売されたら立ち読みすることにしている。
 小林信彦が連載しているのだ。今号で6回目だ。
 週刊文春のエッセイが休載しているのに、月刊誌は書いているの? ってもんだが、これ週刊文春のいつもの手かもしれない。

 昔、週刊文春に「読むクスリ」という人気連載があった。
 主にビジネスのちょっといい話を集めて、読者の一服の清涼剤となる読み物だった。単行本は全巻揃えた。
 この読み物もネタが切れたのか、休載となって、以後再開されることはなかった……
 小林信彦の連載も再開されることはないのかも。



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「梟の城」 ~新旧の映画を観て、原作をあたる
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
訃報 大杉漣
「売れない役者 あなたの知らない芸能界サバイバル」「江戸一口ばなし」 ~ある日の夕景工房から
「出版クラッシュ? 出版に未来はあるかⅡ」「4U」「A2Z」  ~ある日の夕景工房から
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
Comment
No title
こんばんは。

全快になったようで安心いたしました。

わたしも年々ムリが出来なくなってきたので(ーー;)某かで不調の兆候が出てきたらすぐ休もうと思っています。
しろくろshow さん
最初の2日間が嘘のような回復です。
昨日も休んで正解でした。
休みがつぶれたことで、映画鑑賞スケジュールがメチャメチャになりました。そちらの方も早く回復させないと……
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top