FC2ブログ
 今日で58歳になった。
 50の声を聞いたときもう少し40代でいたいとあせった。40代でやらなければならないことがけっこうあったので。結局50代に持ち越されてしまった。
 5年前、いろいろあって鬱になり土日引きこもり状態だったとき、10月15日を迎えて、嫌でイヤでたまらなかった。もう歳なんてとりたくない! いや、別に若くありたいなんていう考えではない。歳にみあった実績を残していれば誕生日に落ち着いていられるのに。それこそ誕生日を皆で祝ってもらいたいと願うだろう。そうでないからあせりまくるわけだ。

 神保町のブックカフェで働き出して、FBのアカウントを取得した。mixiに嫌気してからこの手のSNSには近づかないようにしていたのだが、イベント等の告知、宣伝で店のFBを担当するからには、個人のアカウントも必要とのことだった。
 取得すると友人、知人から友だちリクエストの申請が来るようになった。知らない人からもけっこうある。店の宣伝と割り切っているので、すべて承認している。
 実際、個人のページは店の告知をシェアするか、このブログのリンクしかやっていない。あくまでも自分のホームグラウンドは不特定多数(多数かどうかは不明だが)相手の「もうひとつの夕景工房」であり、ここが自分のメディアだと考えている。

 FBのアカウントを取得してから、いくつか自分のルールというものができた。
 友だち申請はすべて承認することはすでに書いた。そのほかは以下のとおり。

 ・店のイベント告知をシェアするときは、何かひとこと添える。
 ・「いいね」は原則こちらが何か書き込みするときのみ。
 ・メッセージをもらったら、変なものでない限り、必ず返信する。
 ・お誕生日メッセージは、それなりのつきあいのある方を対象に個人的に電話やメールで行う。

 誕生日メッセージ、いただけるのはうれしいのだが、本音は冒頭に書いたとおり。
 58歳だよ! ったく。




  
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「影の告白」「背いて故郷」 ~ある日の夕景工房から
「あやしい本棚」「大正テレビ寄席の芸人たち」  ~ある日の夕景工房から
2018年8月 映画観てある記
無念なり、シネカラ欠席
「不連続殺人事件」「バトルロワイヤル」 ~ある日の夕景工房から
「チーズはどこへ消えた?」「ティファニーで朝食を」 ~ある日の夕景工房から
校正力ゼロの男
お見舞い申し上げます
「深淵を歩くもの」「長い腕」 ~ある日の夕景工房から
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
S さん
ありがとうございます。
50を過ぎてからの無為に過ごした約3年間は何とも無駄な時間でしたが、元気にならなければ、もしかしたらそこで人生が終わっていたかもしれいので、ある意味謹慎期間だったと思うようにしています。
お互いがんばりましょう。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top