FC2ブログ
 高校時代、私はラグビー部に所属していました。監督は外部の人なんですが、この方がユニークで怖い存在でした。普段は冗談を言って面白い人なのですが、練習や試合になると人が変わります。ミスをすると怒られ、ときには手がでます。
 練習のとき、監督がいるのといないのでは雰囲気が違いました。監督は放課後の練習時、緑のボルボ(でしたでしょうか?)でやってきますが、ボルボが校庭の隅に見えると、部員の表情がこわばるのです。
 この監督の口癖が「練習のための練習をするんじゃない!」でした。練習は試合に勝つためのもの、やるからには技術の向上を目指せと。

 本題です。
 毎朝、朝礼があり、当番には1分間スピーチがあります。
 私を含め、皆が何を話せばいいのか悩み、当番になるのを嫌がっています。
 しかし、決定したことは仕方のないことですし、やらなければなりません。
 で、その1分間スピーチですが、先ほどの監督の言葉から、ただ単に話せばいいというものではなく、何のために話すのか考えたらいかがでしょうか。
 せっかく話すのですから、やる意味を求めなくてはやっても張り合いがありません。

 人前で要領よく話す訓練、決められた分数の中で自分が言いたいこと、テーマをまとめる力、考える力を養うと考えたらどうでしょう。
 それがどこに役立つかといえば、仕事では会議の中での発表です。あるいは、プライベートでは、たとえば結婚式のスピーチとかに役立つと思うんですね。
 本を読むときなど、話の流れがどうなっているのか、どういう構成になっているのかを考えてもいいでしょう。

 話題はいたるところにあります。朝夕の通勤時に目撃したこと、人から聞いた話。本や雑誌、新聞を読んでいて、「これは!」というものがあればそれを発表すればいいでしょう。
 で、スピーチの最後にはぜひ自分の意見を述べて欲しいと思います。それも感動した、面白かったという漠然とした意見ではなく、自分の体験と照らし合わせてみるとか、感動の内容を具体的に何がどうだったのか、話せばいいんです。

 総務部員の減少によって、頻繁に朝礼当番がまわってくるようになりました。提案ですが1分間スピーチの担当者と当番を分離するというのはいかかでしょうか。また部長やTM(チームマネージャー)もスピーチに参加してほしいと切に願います。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「クロサワさーん! 黒澤明との素晴らしき日々」「思い出株式会社」 ~ある日の夕景工房から
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「落語家の居場所 わが愛する藝人たち」「落語入門百科」「江戸前の男 春風亭柳朝一代記」 ~ある日の夕景工房より
ついにダウン!
「石原慎太郎の人生 貧困なる精神N集」「黒澤明と小津安二郎」 ~ある日の夕景工房より
BC二十世紀年末恒例企画「忘年パーティー」ハジけまくりの巻
「ゆれる」 ~ある日の夕景工房から
「高野浩幸タイム・トラベルトーク 今、蘇る少年ドラマシリーズ! ACT2:赤い月」大盛況
新旧「神の火」 ~ある日の夕景工房から
怒濤の三連休イベント三連チャン
「なつかしい芸人たち」「ある朝、セカイは死んでいた」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top