紙風船は春の季語だという。風船が季語なんだとか。
 では、紙ふうせんは?
 もちろん、この場合の紙ふうせんとはフォークデュオの紙ふうせんのこと。
 秋ですよね。夏が過ぎてしばらくすると「冬が来る前に」のリクエストが増えます。ラジオからこの曲が流れてきて秋を意識する人はかなりいるのでは?

 今、〈かみふうせん〉と聞いて紙風船の文字を思い浮かべる人はどのくらいいるのでしょうか? ほとんどの人が紙ふうせんと変換するのではないでしょうか?
 ペンション、お好み焼き屋、居酒屋、和食店、お菓子、日本酒、フルートアンサンブル、人形劇グループ、みんな紙風船ではなく紙ふうせんだ。
 その発祥がフォークデュオの紙ふうせんであることは、知らないんだろうな、たぶん。

 春のシークレットライブ、その4をやっと書き上げました。
 北海道のジンギスカンさん、大変お待たせしました。
 秋のリサイタル、26日(日)にお会いしましょう! 




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「ロマンスX」「ドクター・ドリトル2」「メトロポリス」 ~ある日の夕景工房から
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
6月は紫陽花の彩
「徳川三代 家康・秀忠・家光」「ビートルズを笑え!」 ~ある日の夕景工房から
「あの頃マンガは思春期だった」「ホンモノの文章力 自分を売り込む技術」 ~ある日の夕景工房から
最低最悪
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その4   
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その3
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その2
紙ふうせんシークレットライブ 2018
「光源」「脳男」 ~ある日の夕景工房から
Comment
No title
はい、待ってましたよ!忘れていると思ってました。
昨日keiさんが何度も見に行ったという「シンゴジラ」がBSで放送されていたので見てみました。感想?子供の頃みた「モスラVSゴジラ」の方がわくわく感がありました。歳を重ねたせいでしょうか?雑念が多いのでしょうか?keiさんと見方が違うので「なるほど・・」でという感想です。映像技術にはびっくりしました! コンサートでお会いしましょう。
ジンギスカン さん
そうですか、「シン・ゴジラ」それほどでもなかったですか。
ところで、「シン・ゴジラ」、今度地上波で放映されます。テレ朝系列で。

今日、大阪行きの深夜高速バスのチケット購入しました。帰りは昼間の高速バスにするつもりですが、購入は見合わせました。平日だからその日でも買えるので。久しぶりに新幹線でもいいですし。
気持ちはもうリサイタル!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top