今年のクリスマス・イブは一人で地元シネコンのレイトショー「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」鑑賞。SWも中国市場を意識した作りになったか。
 今週はTOHOシネマズ上野で「ゴッホ 最後の手紙」を観るつもりだが、体調がいまいちでまだ果たしていない。
 今週唯一の休みの今日は朝から部屋の大掃除。積読本を何とか整理できた。が、やってしまいました。2冊同じ本があった。購入したことを忘れて買っちゃったんだね。ったく。
 神保町で働き始めてから、気になる本は手当たり次第手に入れた。で、増えに増えた。雑誌、ムックを含めて100冊近くあるのではないか。
 いつ読むつもりなのか、自分でも呆れてしまう。

          * * *

 前回この夏頻発した食品の異物混入に関してお話ししましたが、今日はそれに関連する、異物混入に対する企業のお詫び広告についてお話しします。

 これはあるコラムにでていたことで、この執筆者はひと月あまりに気づいたものだけでも30件以上あったと書いています。内容はどこも似たり寄ったりで該当のものがあったら送ってほしい、代金を支払います、というもの。
 で、その言葉づかいがどうもおかしい、間違いではないか、とその方は言うんですね。

 例えばこんな文章です。

 誠にお手数ではございますが、左記の送付先まで料金着払いにてお送りいただきますようお願い申し上げます。
 
 誠にお手数ではございますが、弊社あてご送付いただきますようお願い申し上げます。


 「お送り」が「ご送付」でも違和感はそのあとにつづく「いただきますよう」なんです。

 「先生がノートを送ってくださる」これは先方の行為になります。
 対して「先生がノートを送っていただく」これはこちら側にこと。
 そのこちらのことの「いただく」に「……ようお願いいたします」と先方に対する要求をくっつけたらおかしいではないかと言うんですね。
 つまりノートを送ってほしいのなら、「ノートを送ってください」「ノートを送ってくださるようお願いいたします」としなければおかしい。
 もし、「いただく」を使うのであれば、「ノートを送っていただきたく存じます」
 と、あくまでもこちらのこととして一貫しないと文章の筋が通らないわけです。

 先の例に挙げた文章のどこがいけないのかわかりますね。

 このコラムを読んでドキッとしました。日頃書いている通達の文章に思いをはせ、間違った使用法をしているのではないかと赤面した次第です。

 このお詫び広告、正しい使用方法をした会社もあったのですが、次の広告では「いただきますよう」に訂正したとのこと。他の会社がそうなのだからと右に倣えしたらしいんです。
 他社の先例を単に真似るというのも考えものですね。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「見知らぬ乗客」「妻を殺したかった男」「渇いた夜 上下」 ~ある日の夕景工房から
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
6月は紫陽花の彩
「徳川三代 家康・秀忠・家光」「ビートルズを笑え!」 ~ある日の夕景工房から
「あの頃マンガは思春期だった」「ホンモノの文章力 自分を売り込む技術」 ~ある日の夕景工房から
最低最悪
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その4   
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その3
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その2
紙ふうせんシークレットライブ 2018
「光源」「脳男」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top