FC2ブログ
 承前

 昨年の春、NHKの土曜時代劇枠で「みおつくし料理帖」が放送された。
 高田郁の小説を知ったのはずいぶん前で、原作をあたる前にテレビ朝日のスペシャルドラマを観た。というか、紙ふうせんの事務所で話題になったことから「みおつくし料理帖」がインプットされて、ドラマ化されたことで「これ、あの小説じゃないか」となって、チャンネルを合わせたのだ。

 ヒロインが北川景子。このときまだ原作を読んでいないから、別になんとも思わなかった。ドラマ自体は丁寧に作られていて個人的には満足していた。あとで原作をあたったら(シリーズ全巻読破した)、まるでヒロインのイメージが違う。先に小説を読んでいたら違和感バリバリでドラマに夢中になっていたかどうか。
 実際、紙ふうせん事務所の人たちのドラマの感想は皆ボロカスだった。

 テレビ朝日の「みおつくし料理帖」は続編が作られたが、その後何の音沙汰もない。どうやら2本で終わったみたいだ。スペシャルドラマとしてシリーズ化されると思っていたので残念だった。原作ファンの反発があったのだろうか。

 NHK版のヒロインは黒木華。これはナイスキャスティングだ。黒木華が大阪弁をしゃべれれば文句ない。ドラマもきちんと作られている。最近のNHKのドラマはみなそうなのだが。
 毎週録画して最初の数回はきちんと観た。が、その後は忙しさにかまけてあとでまとめて観ればいいやとそのままになっている。

 
 同じ春、テレビ朝日では昼過ぎから倉本聰脚本のドラマ「やすらぎの郷」が始まった。帯の倉本ドラマを観るときが来るなんてちょっと信じられなかった。思えば、倉本聰は大河ドラマは担当したものの(途中で降板してしまうが)、朝のテレビ小説(あるいは銀河テレビ小説)はやったことがなかった。山田太一はテレビ小説では「藍より青く」、大河ドラマでは「獅子の時代」を書いているのに。

 初回の録画をし忘れたことから第一週は観なかった。別にチェックしなくてもいいかとも思ったが、談四楼師匠のツイッターで何度も取り上げられていて興味をそそる。二週目から録画しはじめて、ある程度たまってから一気(一週間分とか)に観ていた。
 石坂浩二と浅岡ルリ子の共演は「2丁目3番地」以来だろうか。このドラマをきっかけにして結婚、その後離婚してしまうのだから、共演なんてありえないと思っていた。
 僕は知らなかったが、若いころ、石坂浩二と加賀まりこの間にいろいろあったらしい。
 20年前なら絶対実現しなかったであろうキャスティング! なこともないか。
 そのほか、八千草薫、野際陽子、五月みどり、有馬稲子、山本圭、ミッキー・カーチス、藤竜也等々、大御所俳優陣が脇を固めている。

 ドラマはかつて活躍した俳優、女優たち、あるいは映画やテレビ関係者が大勢入居している老人ホームを舞台に、脚本家(石坂浩二)を語り手として彼らの人間模様をユーモラスに時々現在のTVドラマ批判も挿入しながら描いている。
 主題歌は中島みゆき。この曲が流れてくるともうそれだけで涙がでてきそうになるから不思議だ。
 
 このドラマも8月中旬以降の分がまだ未視聴だ。
 ビデオの時代は、テープに限度があったから、その日録画した分はすぐに観て消さないと次が録れなかった。ハードディスクはそれなりの許容量があるから、ついつい観るのを後まわしにしてしまう。この悪循環を改善しなければ。

 
 ドラマの話題ということで、正月2日に放送されたTBS「都庁爆破!」について触れておこう。
 正月のスペシャルというと大型時代劇ばかりの昨今、こういうポリティカルアクションは大歓迎だ。とはいえ、ドラマの出来には首をかしげる。吉川晃司のアクションには惚れ惚れしたが。
 主人公の娘がクライマックスで歌をうたうくだりは「新感染 ファイナル・エクスプレス」からのいただきだろうか。
 
 都知事役は寺島しのぶで、イマイチの感。余貴美子が「シン・ゴジラ」の防衛大臣の演技でのぞむべきだった。リリー・フランキーの首相もあまりにリアリティがない。
 



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ある日の一人カラオケ
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「落語家の居場所 わが愛する藝人たち」「落語入門百科」「江戸前の男 春風亭柳朝一代記」 ~ある日の夕景工房より
ついにダウン!
「石原慎太郎の人生 貧困なる精神N集」「黒澤明と小津安二郎」 ~ある日の夕景工房より
BC二十世紀年末恒例企画「忘年パーティー」ハジけまくりの巻
「ゆれる」 ~ある日の夕景工房から
「高野浩幸タイム・トラベルトーク 今、蘇る少年ドラマシリーズ! ACT2:赤い月」大盛況
新旧「神の火」 ~ある日の夕景工房から
怒濤の三連休イベント三連チャン
「なつかしい芸人たち」「ある朝、セカイは死んでいた」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top