FC2ブログ
 昨日は大杉漣の急死のニュースにショックを受け、女子パシュート金メダルに歓喜した。
 速報を目にしたとき、どちらも声をあげてしまった。声の質は全然違うが。

 大杉漣は66歳、まさに現役の役者でドラマ、映画に欠かせない存在なのに。
 真っ先に頭をよぎったのが「テレビ東京のドラマはどうなるの?」だった。
 バイプレーヤーばかりを集めて連続ドラマを放送しているのだ。観てはいないけれど。
 その後のニュースで知るのだが、まさにそのドラマの収録中で出来事だったのだ。

 大杉漣を認識したのはいつだろうと、ウィキペディアでフィルムモグラフィーを調べた。
 映画だったことはなんとなく憶えているからだ。
 わからない!
 最初に観たのは「ウィークエンド・シャッフル」か。とはいえ、当時は全然意識していなかった。
 「美女縄化粧」にも出演していたのか。これまた憶えていない。

 ピンク映画、ポルノ映画で人気がでて、やがて一般映画、テレビに進出する役者がいる。
 風間杜夫がそうだった。
 日活ロマンポルノで何度か見かけて名前を憶えた。
 その後人気俳優になってテレビドラマに出るようになったときのこと。風間ファンの女性たちにそのことを言うと皆驚いたっけ。

 はっきりと覚えているのは「天使に見捨てられた夜」。ビデオで観たのだが、ヒロインの友人であるおかま役でこんな役もやるのかと思ったものだった。

 喪失感は半端ではない。
 合掌


 スケートはまったく門外漢である。
 女子パシュートも金メダルが獲れると言われていたが、僕がそれを信じて生中継を見ると、必ず何かがあって「惜しくも……」となるから、別の番組にチャンネルを合わせていた。そこに臨時ニュースのテロップが。あわててチャンネルを換えた。その後フィニッシュを目にするために目頭が熱くなる。

 女子のスピードスケートで楽しみにしているのは、試合が終わったあと、ユニフォームの頭の部分を脱ぐところ。髪が広がってとたんに女っぽくなる。あれを見ると「ゴジラVSメカゴジラ」でヒロインの小高恵美(Gフォースという特殊部隊の一員)がラストで
ヘルメットを脱いだときとオーバーラップする。
 胸のチャックをおろして中のTシャツ(?)が見えるのも色っぽい。

 「お前、どこ見てるんだ!」と怒られそうだが、3人が滑走する姿を正面から捉えた画を見ながら、その一糸乱れぬ隊列がオランダより美しかった。これで勝てると確信した。すでに金メダルなのだから当たり前だけれど。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
シネカラ第2回会合騒動記 その1
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「落語家の居場所 わが愛する藝人たち」「落語入門百科」「江戸前の男 春風亭柳朝一代記」 ~ある日の夕景工房より
ついにダウン!
「石原慎太郎の人生 貧困なる精神N集」「黒澤明と小津安二郎」 ~ある日の夕景工房より
BC二十世紀年末恒例企画「忘年パーティー」ハジけまくりの巻
「ゆれる」 ~ある日の夕景工房から
「高野浩幸タイム・トラベルトーク 今、蘇る少年ドラマシリーズ! ACT2:赤い月」大盛況
新旧「神の火」 ~ある日の夕景工房から
怒濤の三連休イベント三連チャン
「なつかしい芸人たち」「ある朝、セカイは死んでいた」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top