告知です。

 私が企画・運営を協力している桑原美由紀さんの朗読会が開催されます。
 第一回は今年2月の「はなしと噺の会」。二胡と朗読と落語のコラボレーションでした。
 二回目は講演+朗読です。もちろん二胡の演奏もあります。
 題して「被爆者の声と語り」。

 テーマは非常に重いです。重いからこそ、大仰に構えるのではなく、葵のご紋を見せるのでもなく、自然に言葉の一つひとつが聴く人の心に届くものにしたい。
 で、新たな試みをします。
 講演と朗読の最後に曲を流すのです。被爆者の方の講演と桑原さんから聞いてだったらあの曲を使ったらと提案しました。あるいは桑原さんが朗読する「夏の葬列」を読んで、また閃きました。あの曲だと。
 歌の世界を各人が思い描くことで、テーマが浮き彫りになればと期待しています。
 
 開催は平日の午後です。
 会社勤めの方は無理だと思いますが、お時間ある方はぜひ!


            記

 桑原美由紀プロデュース「被爆体験者の声と語り」

■日 時:2010年7月23日(金) 13:30~15:30(開場13:00)

■場 所:お江戸日本橋亭  HP 

■入場料:2,500円

■出 演:
      畑谷由江  被爆体験談
      竹内文子  二胡演奏 
      MIYOYO   朗読「ねがい」
      桑原美由紀 朗読 山川方夫「夏の葬列」

      
                        以 上




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「『万年前座 僕と師匠・談志の16年』出版記念落語会 新潮社祭り」
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top