一昨日(6日)、帰宅前に寄った居酒屋で「まぐま18 石ノ森章太郎Spirits」を読んでいたら、店員(女性)が表紙を見たのだろう、「懐かしいですね!」。
 質問してみた。
「あなたは石森章太郎? それとも石ノ森章太郎?」
 相手はポカンとしていた。

 本日、午後新宿のTMシアターへ。〈富士山河口湖映画祭 東京上映〉会の14時半の回に足を運んだ。作品は「湖の中の観覧車」&「小さな大きな富士山と」の2本。ともに阿部誠監督。一昨年「B-SHOT PICTURES’怪奇劇場Ⅳ」 に監督・主演「ミスターベー2 殺人的魔王」で参加していた。
 本当は16時の回にしたかったが、そうすると18時半からのTOKYO MX「ファイヤーマン」が観られないので(現在録画機器がないもので)。
 上映が終わって、階下のロビーに下りると、お客さんで満杯だった。お客さんの中に「小さな大きな富士山と」に出演していた剛たつひと氏が。あっ、この方は本物ですよ!

 「ファイヤーマン」は、SAFのユニフォーム(&メカ)以外かなり夢中になっている。第5話「ジュラ紀に落ちた少年」、主人公の岬を少年は「お兄さん」と呼ぶが、僕が少年だっったら「おじさん」だろう。
 昔、小学生のころ、記念切手シートを買いに郵便局にでかけたときのこと。窓口の男性を「おじさん」と呼んだら「お兄さんだろう!」と訂正された。そのときはなぜムキになるのかわからなかったが、自分が青年になってから理解できた。
 睦五郎は声優として親しみがあったが、その昔のアメリカTV映画で日本でも大人気だった「逃亡者」の主役、リチャード・キンブル(演じるのはデヴィッド・ジャンセン)の声をアテていたのだ。日本で大人気を呼んだのは吹き替えのせいかもしれないとは今朝読了した「懐かしのアメリカTV映画史」(瀬戸川宗太/集英社新書)で知った。

 「ファイヤーマン」の後は、チャンネルを9から7へ替えて「モヤモヤさまぁーず2」。
 女子アナには昔も今も興味がない。はずなのに、この番組のレギュラー、テレビ東京の大江アナには初めて観たとき(日曜夜7時に移行時)から胸キュンでして。

 20時から「龍馬伝」。
 龍馬とおりょうの仲を、龍馬と近藤勇との対峙に割って入るおりょうの行動で瞬時に理解する千葉重太郎。その表情。龍馬を忘れられない妹のため遠路はるばる訪ねてきたのに。グッとくるシーンだった。
 第3部の「龍馬伝紀行」。楽器はチェロ(演奏:遠藤真理)。これまたいい! チェロ好きのGさんに教えなければ。
 時代劇で気になるのは俳優の歯である。江戸時代の人の歯はどうなっていたのかという疑問。治療はどうしていたのか。銀歯とか銀の詰め物なんてない? なら、俳優が大口をあけて銀歯なんて見せたら興ざめだよね。実際のところ、どうなのだろう? 先々週、先週の「龍馬伝」で確か役者の大口アップがあったような。
 江戸時代のむし歯治療のこと、あるいは時代劇を撮るにあたっての役者の心得。誰かご教示のほどを。

 同じ時間には目の前のオートレース場で花火大会。「たたら祭り」二日目。エアコンの効いた部屋で見られる。1年に一度、ああ、このマンションに越してきて良かったぁと思える日です。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
今朝の電車はフランス人ばかり……?
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top