2010/10/22

 「日本映画[監督・俳優]論」(萩原健一・絓秀実/ワニブックス【PLUS】新書)

 承前

 黒澤明(第一章)、神代辰巳(第二章)のあと、これまで一緒に作品に取り組んだ監督たちについて語る第四章でやっと市川崑監督「股旅」が話題になる。
 「股旅」は市川崑監督後半のフィルモグラフィーの中で個人的にベスト3に入れているくらい大好きな作品だ。またショーケンがショーケンらしさを発揮しているという点でも忘れられない。「約束」「股旅」「青春の蹉跌」は僕の中でショーケン初期3部作に位置づけされているくらい。
 さぞや市川監督にも作品にも思い入れがあるのでは? なんて期待していたのだが見事に冷水をかけられた。まるで評価していないのだ。興味がないと断言している。ショーケンが撮影中に蜂に刺されたとき崑監督から「大丈夫か」と声をかけられていたら少しは印象が違ったのか。

 ずいぶん昔になるが、書店で小倉一郎の本を見つけ「股旅」の撮影中にショーケンと大喧嘩したエピソードを興味深く読んだことがあった。数年前、知り合いの役者さんの誘いである芝居を観劇した。終わってから飲み会になったのだが、その中に小倉さんがいた。たまたま席が隣になったもので、喧嘩の真相を訊いてみた。
 要は監督志望の小倉さんが向学のために演出や撮影について崑監督から教えを受けたと、それが面白くなかったのではないかと。カメラも覗かせてもらったと言っていたような。同じように映画監督を志望していたショーケンは扱いの違いにカチンときたのではないか。 
 たぶん、市川崑監督への憧れがあった小倉さんと、そうではない(始終突っ張っていたであろう)ショーケンの態度の違いによるものなのかもしれない。そりゃ、自分に好意的な人には優しくなれる。
 でも、天邪鬼な僕にはショーケンの、「おいこの野郎、監督におべっか使うんじゃねぇぞ」という気持ちもわからなくはない。

 「影武者」撮影時は、何しろ憧れの監督だからかなり尊敬のまなざしで黒澤監督に接した。勝新太郎は映画人としてのキャリア、また単なる俳優ではない、監督としての実績もつんでいる自負もあって、すべてを委ねる対応ができない。ゆえに、黒澤監督は撮影中にあれこれショーケンに意見を求め、勝新には「監督は二人いらない」的な発言になってしまったのではないか。勝手な推測だけれど。
 「股旅」撮影時も、監督の冷たい仕打ちもなんのその、ショーケンがもっと胸襟を開いていたら第二、第三のショーケン主演の崑映画があったかもしれない。黒澤監督より、小品ならば崑監督の方がショーケンを活かす映画を撮っていたと思えてならなかったので。

 ショーケンが崑監督の手法をテレビのカット割りと言うのは納得できない。
 第五章で「イージーライダー」を語っているときに、二人の俳優の台詞の重なりをどう録るかを話題にする。この台詞の重なりを絶妙なカッティングで表現したのが崑監督なのだ。「悪魔の手毬唄」のとき感激したもの。リメイクの「犬神家の一族」でも見ることができる。それはテレビのカット割りとはまったくの別物と思うのだが……

 この項続く
 (ああ、4で終わりにするつもりだったのに)




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
日本映画[監督・俳優]論 その5
NEW Topics
告知ページ
BC20世紀 賄い料理その2
「花戦さ」&「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」
「美しい星」
1分間スピーチ #15 倉木麻衣と宇多田ヒカル
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その4
ちょっとひとやすみ その4
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その3
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その2
「DONT LOOK BACK」
Comment
No title
うふふふ。
じゃんじゃん続けてください。
なるべく早く(笑)。
showken-fun  さん
続きものは「起承転結、4部作」を原則としているのですが、今回まとまりませんでした。あと1回おつきあいのほどを。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町のブックカフェ二十世紀で働いています。さまざまなイベントを企画、開催していますので、興味あれば一度覗いてみてください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top