2010/10/22

 「日本映画[監督・俳優]論」(萩原健一・絓秀実/ワニブックス【PLUS】新書)

 承前

 監督が自分の強い願望で作った作品よりも、あまり乗り気にならないようなものの方が、結果的に出来が良い。と、ショーケンは言う。黒澤監督なら「乱」より「影武者」の方がいい。神代監督なら「離婚しない女」より「恋文」だと。
 同じことは役者についてもいえるのではないか。「幕末太陽傳」のフランキー堺がいい例だと思う。

 それはともかく、神代作品の中で一番出来がいいと思っている作品は? の問いにショーケンは「もどり川」だと答える。自身の大麻事件がなければもっと話題になったし評価もされただろうと。
 この映画もあの大騒動ですっかり嫌気がさして自分の中で封印してしまって、5年前にやっとスクリーンで拝見した。ショーケン×神代辰巳の総決算という意気込みは十分感じる。が、あまりに肩の力が入りすぎていないだろうか。このコンビの魅力はもっと軽やかなところにあると思うのだが。

 池部良が亡くなったとき、追悼の意味もあって、「傷だらけの天使」のDVDを取り出して観た。第4話の「港町に男涙のブルースを」。監督が神代辰巳だった。本書でも語っているが視聴率が最悪だったという。そりゃそうだろう。久しぶりに観て思ったものだ。これを始まってすぐに放映したら、ヘビーな映画ファン以外は引くって。
 ちなみにこの第4話と第3話「ヌードダンサーに愛の炎を」はかなり女性の裸が露出する。午後4時からの再放送ではそこが問題にされてしばらく放送禁止(自粛)になったいわくつきの作品である。

 「傷だらけの天使」とともにファンの間でいまだに語られるTVドラマが「前略おふくろ様」だろう。第2シーズン開始前、ショーケンは取材に対してこう応えていたのを覚えている。
「おんなじことしたって意味ないからね。倉本さんにはそう伝えてある。もし第3弾やるっていったら縁切るから」
 その理由が第三章でわかる。倉本聰のエッセイに書かれたショーケンの「故郷に錦を飾る」の〈錦〉を〈綿〉と読んだエピソードは作り話だったのか。倉本聰との距離を置くようになったドラマの内容。とすると、芸術祭参加のスペシャルドラマ「町」はどう思うだろうか。
 もちろん、この章でショーケンは倉本聰を否定してるわけではない。黒澤監督の倉本脚本への物言いに反発する姿は頼もしい。

 蜷川幸雄と芝居ではなく映画をやりたいという気持ちもわかるような気がする。ショーケンにとって舞台は歌なのだ。歌はバックバンドを従えた一人芝居ではないか。
 「竜馬を斬った男」は柳町光男監督作として観たかった。なぜ柳町監督から山下耕作監督にスイッチしたのか。映像京都(西岡善信)を否定されては仕方ない。

 大きく頷いたのは、「第五章」で映画とテレビの関係はどうだったかという質問に対するショーケンの回答。「偏見はなかった」
 抵抗感はあった。でも、それは映画とテレビの違いというより、スタジオドラマは窮屈だということ。外でやりたい、ロケの撮影が好きだった。だから大河ドラマに出演したい気持ちは「全然なかった」。
 とはいえ、「傷だらけの天使」でも「くるくるくるり」でも「前略おふくろ様」でもショーケンの魅力は変わらない。
 劇映画(35ミリ)とTV映画(16ミリ)、TVドラマ(ビデオ)を何の境目もなく自由に行き来したショーケン、70年代はそこがとても新しかったのだ、と今にして思う。

 劇映画に限っていえばショーケンは文芸ものが似合っている。絓秀実が中上健次とショーケンを重ねあわせるのは次作への予兆だろうか。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「あぜみちジャンピンッ!」@船堀映画祭
NEW Topics
告知ページ
 「グリーンマイル」 ~映画を観て原作をあたる
 「雨あがる」「ボイスレター」 「スペーストラベラーズ」「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」 「DEAD OR ALIVE 犯罪者」 ~ある日の夕景工房から
「シュリ」「海の上のピアニスト」「新選組」「ストーリー・オブ・ラブ」 ~ある日の夕景工房から
「天国と地獄」「どん底」 ~ある日の夕景工房から
「赤ひげ」「御法度」 ~ある日の夕景工房から
「ワイルド・ワイルド・ウエスト」「リトル・ヴォイス」「黒い家」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #19 マスコミの悪意について
「双生児 ~GEMINI~」「秘密」「皆月」 ~ある日の夕景工房から
NHK「ファミリーヒストリー」は8月18日(金)に放送されます!
Comment
No title
ありがとうございましたっ

次はライヴ話ですよね?(笑)

竜馬で監督が変わった件については、「ショーケン」にも出ていた記憶があります。
showken-fun  さん
どうしたしまして(笑)。

「龍馬」監督降板の理由も書いてありましたっけ? この前の新文芸坐の上映、観たかったなぁ。

もうなかのZEROのライブから一週間が経ってしまったんですね。
充実感の有無ってどこで決まるんでしょう。そんなことを考えていた一週間です。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top