2月のトーク&ミニライブ前後の飲み会で知り合ったMさんが亡くなっていた。
 今日、中野ZEROのショーケンライブの構成、エンディングの構成がどうだったか、思い出すためにいくつかのブログをあたっていて知った。

 2月のライブのあと、大口広司追悼ライブに行こうと約束したにもかかわらず、都合でNGになってあわててお詫びの電話をした。その後、何度かメールのやりとり。サイトを教えてもらって某市の市会議員であることを知った。大病を患ったことも。会ったときの容姿から予想はしていたのだけれど。
 旦那さんのバンドがライブを企画している、春ごろ下北沢で。
 行くから連絡ください。
 連絡がなかったけれど、別になんとも思わなかった。忙しいのだろうと。

 横浜で会えなかった。中野でも。
 もしかしたら病気が再発して入院しているのだろうか? 初めてそう思った。
 
 まさか10月に亡くなっていたなんて。

 落ち込んでいる。

 合掌




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「萩原健一 トーク&ミニライブⅡ ANGEL or DEVIL」 その4
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
No title
そうなんですか・・・。そんな約束までなさっていたのですね。

あたしも、あのとき初めてお話したのです。
それまでも東京でのオフ会などによく参加されていたようで、HNだけは存じ上げていたのですが。
以前速水さんのステージで、他のバンドでしたがボーカルを取られているのを拝見したことがあって、洗いざらしのシャツ、一見男性か女性か?と見惑う中世的な魅力が、目に焼きついていました。初めてお話したときに「あれは私です」と教えてもらって驚愕したのでした。

keiさんは退会されちゃいましたが、あたしはかろうじてmixiに居残っているので、あの後すぐにマイミク申請してくださっていたので、ご主人の書き込みで訃報を知ることになりました・・・。

あたしはたった一度きりお話しただけですが、大変やさしい方なんだとわかりました。
多くの方に愛されていた人だったのだと思います。いくつものブログで、哀悼の書き込みを拝見しました・・・。
とても親切にしていただいたのに、何もお返しできなかったのが悔やまれます。
showken-fun  さん
そうですか、mixiにいれば訃報わかったのですか。
showken-funさんのほかに、アドレスがわかるのはMさんだけで、今回のライブツアー(?)のニュースが流れたときには、行くんでしょう?メールしようと思ったのですが……していれば、少しは会話が出来たかもしれません。くも膜下出血で亡くなった友だちと同じ年齢で亡くなっているんですよね、確か。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top