2010/11/20

 「紙ふうせんリサイタル2010 なつかしい未来 VOL.5」(サンケイホールブリーゼ)

 西川口の駅ビルに入っている和幸で一口ひれかつ弁当を買って東京駅へ向かう。
 前々から思っていたのだ。ここで弁当買って新幹線の中で食べようと。安いし旨い。つまみは前日コンビニで手に入れていたので、ホームの売店では缶ビールのみ購入。
 12時40分発のぞみ171号に飛び乗った。旅の友は「吉田拓郎 終わりなき日々」(田家秀樹/角川書店)。
 新幹線に乗って大阪に向かっている最中が実は一番幸せなときなのかもしれない。コンサートが始まればあっというまに終わってしまうのだ。で、帰りの新幹線では「ああ今年も終わってしまったなあ」と祭りのあとの寂しさをかみしているわけだ。今年はどんなコンサートになるのか、あれこれ想像しているときの方が楽しいって。

 15時40分過ぎに会場に到着した。16時10分から打合せがあるというので、カフェに寄らず入口前で待機。FC有志がいつも行っているリサイタルの手伝い、入場するお客さんに「未来新聞」(&フライヤー)を配付する作業を手伝うつもりだった。しかし、直前に画家のえとう(まさゆき)さんに会ってとりやめた。開場してすぐにビデオ上映があると教えてもらったのだ。
 前々回のVOL.3では、紙ふうせん(ふたり)の絵が描かかれる過程を収録したビデオが上映されて興味深く拝見した。職人フェチの僕は、何かができるまでの工程にとてつもなく興奮する。その第二弾に挑戦したというのだから見ないわけにはいかない。手伝っていたら開演までロビーにいなければならない。ビデオを見る余裕なんてないのである。

 さて、そのビデオだが。
 NHK教育テレビで放送される子ども向け番組の1コーナーならば、オープニングで男の子と女の子の元気な声が聞こえてくるのではないか。「しりとりねんど~!」なんて。薄緑色の粘土がアップで出てくる。えとうさんの両手が粘土をこね、ある動物を作る。えとうさんの声で「ゾウ」。「ゾウのウ」。 そのままゾウを形作っていた粘土はまたこねられて「ウマ」に。「ウマのマ」。 ウマはマナティに。「マナティのイ」
 こんな調子で次々にしりとりが続く。イルカ→カンガルー→ウミガメ。その最中、まわりからビデオに反応する声が聞こえてきた。「ウサギ?」「オットセイ?」
 たぶんラストはクジラになるはず。そろそろ時間だ。いったいどうなるのだろう? ウミガメがこねられて何か太った体型の人間を作っている。「ハリーポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」に出てきた巨人は何て言ったっけ? トロルだから違うな。答えは「メタボリック」!
 ああ、なるほど! で、ラストは「クジラ」になるのか。

 このしりとりねんどのキーワードは「イルカ」と「クジラ」なのだ、と思う。
 それは第1部オープニングに披露された歌に直結する。
 「太地綾踊唄」。
 和歌山県東牟婁郡太地町の伝承歌である。

 
 この項続く




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
急逝 深町純
NEW Topics
告知ページ
1分間スピーチ #22 ソニー・プレステ2の宣伝効果
「クリムゾン・リバー」「愛のコリーダ 2000」「ビッグママスハウス」 ~ある日の夕景工房から
世紀末~新世紀「2001年宇宙の旅」まつり
「ハンニバル」 ~小説を読み、映画化作品をあたる
「ホワット・ライズ・ビニーズ」 「ペイ・フォワード [可能の王国]」 ~ある日の夕景工房から
「カオス」 ~映画を観て、原作をあたる
「砂の女」「源氏物語 あさきゆめみし」 「スペース カウボーイ」 ~ある日の夕景工房から
「キッド」「顔」「五条霊戦記」「インビジブル」 ~ある日の夕景工房から
「ホワイトアウト」「パーフェクト・ストーム」 ~ある日の夕景工房から 
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top