朝刊を見てまた叫んでしまった。絶叫だったと思う。
 訃報欄に深町純さんの名前をあったからだ。
 
 深町純さん(ふかまち・じゅん=作曲・編曲家、キーボード奏者)22日心嚢(しんのう)血腫で死去。64歳。……

 ショックなんてものじゃない。
 12月4日(土)には、深町さんのお店「FJ'S」で紙ふうせんのライブがあるのだ。

 先日のリサイタルで配付された〈なつかしい未来新聞〉のライブ情報で、このFJ'Sライブについて後藤さんが書いている。

     ◇
紙ふうせんのレコーディングで「円山川舟唄」「いかつり唄」「夕陽よ沈まないで」「昭和戻り唄」「ハーモニー」多くの楽曲の編曲で深く美しいサウンドを創り上げてくれた深町純。赤い鳥のライブ録音「もうっこ」でのピアノプレイ。
1980年宝塚JAZZフェスティバルでのゲスト出演。尊敬してやまない彼のハウスで紙ふうせんは歌う!
定員は35人、早いもん勝ちだよ。ちなみに当日の音響は“みずから”僕らのために担当して下さる。
なんと…まあ、えらいこっちゃ!
     ◇

 深町さんがライブハウスをオープンしたんだと後藤さんから聞いたのは昨年のリサイタルのあとだったか、いや春のシークレットライブだったか。
 今年の2月、貝塚のコンサートのあと「深町さんのお店でシークレットライブやるから」と言った。5月のライブで神戸に行った際、立ち寄った中古レコード店で深町さんのユニットThe WILLのライブツアーを知った。大塚のライブハウスで初めて深町さんのプレイに触れた。7月は念願のFJ'Sを初訪問。毎月の最終土曜日、深町さんのキーボードパーティーが開催されている。即興音楽なのだが、完成されたメロディとプレイの迫力に圧倒された。
 今年日本で「死刑台のエレベーター」がリメイクされたが、音楽に深町純を起用すればよかったのにと思ったものだ。深町さんのピアノによる即興音楽だったら、マイルス・デイヴィスのトランペットに拮抗するのではないか。
 CD「深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライブ」を購入した。

 8、9月のキーボード・パーティーには行けなかった。
 10月には鎌倉でショパンを弾くと知り、ぜひとも聴きたいと願ったが、その後情報が伝わってこなかった。演奏会はあったのだろうか。
 今週の土曜日はキーボード・パーティー。4日の件もあるから、FJ'Sに伺おうとしていた。予約の電話をしなくちゃと思っていたところ。

 4日のライブを契機に紙ふうせんと交流が深まるはずだったのに。
 深町さんのピアノで平山さんが歌う、そんなステージを想像していた。
 赤ワインを片手にして深町さんと後藤さんのトーク。マニアックで面白いだろうなあ。そんなことを考えていた。
 これから深町さんの生演奏を聴く機会が増えていく。そう期待していた。
 なのに……

 とてもくやしくて悲しくて。

 合掌




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
くも膜下出血で友人を失うということ
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
No title
本当? 昨日飛行機の手配をしました・・・
なんとも言えない・・・ お二人もさぞ楽しみにしていただろうに・・ 中止? 連絡ほしい・・・
ジンギスカン さん
ライブについては、追って連絡があるはずで、それ待ちです。わかり次第、至急連絡しますので。今しばらくお待ちください。
No title
びっくりです。
何というタイミングで、神様、と言いたいです。。。
- さん
ジンギスカンさん? 違う方?
-さんでよろしいのでしょうか?

昨夜はライブCDで追悼していました。
大村憲司氏と共演している「六喩」をあわてて注文。これから生のライブに触れながら、ゆっくりじっくり過去のCDを集めようと思っていたのに。
No title
keiさんへ
TELありがとうございました。
残念ながら 飛行機キャンセルしてきました。
複雑な気持ち・・・・ 
レポートその2以降を楽しみにしてますよ!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
浅草ようこ さん
書き込みありがとうございます。

出会いに感謝しています。
来年またライブでお会いしましょう。
ジンギスカン さん
まだショックが続いています。
それから、締め切り誓い原稿執筆があるもので、もう少しお時間ください。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top