22日(土)は久しぶりに図書館へ行く。
 しばらく図書館には足を運ばなかった。その間に積ん読本を読破してしまおうと、オヨヨシリーズを一作目から読み始めたのだ。何年も前に古書店で買ってそのままにしておいた角川文庫版。地元で新しくできた古書店を覗くと角川文庫版のオヨヨシリーズがほぼ揃っていたのだ。価格は100円。ラッキーと買っておいた。抜けていた2冊もネットに注文して全巻揃ったのが昨年。
 考えていたとおりだった。とりあえず「オヨヨ島の冒険」「怪人オヨヨ大統領」を読了したのだが、ジュヴナイルのオヨヨは角川版の方が面白い!

 話をもどす。
 図書館から以下の5冊を借りる。同時に「壬生義士伝(下)」を予約。
 週刊文春に連載されていた「一刀斎夢録」が上下2冊の単行本になった。もちろん読むつもりだが、その前にシリーズ第一作の「壬生義士伝」をあたっておこうと思っていた。やっと棚で見つけたものだからあわてて手にとった次第。

 「現代落語の基礎知識」(広瀬和生/集英社)
 「高峰秀子の流儀」(斎藤明美/新潮社)
 「今夜は最高な日々」(平哲郎/新潮社)
 『創られた「日本の心」神話』(輪島祐介/光文社新書)
 「壬生義士伝(上)」(浅田次郎/文春文庫)
 「凶弾」(逢坂剛/文藝春秋)


 ということで、今週は神戸モードになります。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「JamJamカウントダウンライブ」 その1
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
No title
オヨヨ って言ってないで神戸、神戸!(笑)
神戸モードに入るのが遅いんでないかい?
うまい物、うまい酒、うまい話 あったんでないの?
No title
そうそう、今日だよね ジローさんの公演
何人集まるのかな~。39年間も話題になるという子守唄は無いよね。「竹田の子守唄」の力はすごい影響力があるんですね。公演の内容は録音してくれないのかな~
ジンギズカン さん
カウントダウンライブ、何とか、UPしました。
しばらくおつきあいください。

本日、講演でしたね。
音だけでも聴ききちあですねぇ。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top