昨日は、地元シネコンで「白夜行」を観る。
 レイトショーで押さえるつもりが、あっというまに昼間だけの上映になってしまって、さあ、困った。20日はMOVIXのサービスデーなので、利用しない手はない。12時50分からの一回だけ。そのため、14時からの「ザ・ノンフィクション」は諦めた。『ショーケンという「孤独」』が再放送されたのだ。録画機器を持っていない悲劇……なんて大仰な。
 「白夜行」、謎解きのシークエンスで急に2時間ドラマになってしまった。
 刑事が、屋上で隣のビルにいる犯人に向けて放つ台詞。前半で貼った伏線はこのためのものか。あまりに唐突じゃないか! 子役たちの演技(表情)に涙したけれど。

 夕方18時30分から「ジャンボーグA」第2回 。特撮監督が矢島信男、音楽が菊池俊輔。オープニングのメインタイトルがいかにもなアニメということもあって、印象が東映タッチ。「操縦席は目の奥にある!」って、それにどれほどの意味があるのか。



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
単行本「ポリティコン」を肴に小説の雑誌連載について考える
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top