昨日は映画サービスデー。ユナイテッドシネマ浦和で「トゥルー・グリット」を観た。この映画についてはあとにして、3月の備忘録ということで。

     ◇

2011/03/18

 「小川和隆の十弦ギター春のきざし ~バッハからポップスまで~」(霞ヶ関ナレッジスクエアスタジオ)

 もしかしたら、小川さんとは「ふたいサロン」ですれ違っているのかもしれない。昨年6月の「ふたいサロン」で企画された、キウイさんの真打昇進前祝いの会で、南久松真奈さんと知り合った。彼女が出演した映画「+1(プラスワン)vol.3」(の一編「下校するにはまだ早い」)の前売券を購入したのである。
 彼女のご主人がギタリストという事実を知ったのは、篠原哲雄監督の実験劇「草原の二重奏」終了後の懇親会のとき。十弦ギターとは何ぞや? 十二弦ギターとどこがどう違うのか? ナルシソ・イエペスに師事したギターの腕前も拝聴したく、さっそくコンサートにお邪魔した次第。

 ステージに登場した小川さんはスーツ姿に黒いスニーカー。何か意味があるのだろうか? クラシックギター界のみなみらんぼうと呼ばれているとかいないとか。

 クラシックギターの定番とはいえ、「アルハンブラの思い出」と「アランフェス」に感激した。ライブでは初めてだったので。

 春よ、来い/グリーンスリーブス/プレリュード~チェロ組曲第1番/第三の男/禁じられた遊び~愛のロマンス~/月光とメヌエット/アルハンブラの思い出/アランフェス/ピカピカ/エストレリータ/ワルツ第3番/Haru


2011/03/24

 「シネマDEりんりん」(サムライシアター新宿)

 今のビルにおけるサムライシアターでの最後のシネりん。新宿御苑の方に移転するという。
 「クレイジズム」プレイベントで、窪田将治監督と出演の草野康太さんがゲスト。窪田監督はほとんど毎回お客さんで来ている。自作が取り上げられるのも3回目。なので林さんとのトークはとんでもないはじけようだった。
 4月16日(土)よりシネマート六本木で公開される。


2011/03/25

 「経堂さばの湯 立川談四楼独演会」

 立川こはる「真田小僧」
 立川談四楼「三方一両損」「三年目」

 




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
二つの「終わりに見た街」 ~mixi失格。♯14
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top