18時20分からMOVIX川口で「X-MEN ファースト・ジェネレーション」鑑賞。毎月20日はMOVIVデーで1,000円なのである。
 なるほど、なるほど、こういうドラマだったのか。もしつまらなかったら、口直しに「スカイライン」を観ようと思っていたのだが、十分満足できた。
 後ろの席の高校生4人組のおしゃべりにはうんざりだ。一度注意して二人は静かになったのに、残りの二人が、適度にしゃべる。二度の注意はしたくないので我慢した。やはり注意すべきだったか。

          * * * 

2011/06/18

 「西神田寄席 談四楼独演会」(神保町区民館)


  立川こはる「真田小僧」
  立川談四楼「三年目」

   〈仲入り〉

  立川談四楼「井戸の茶碗」


 西神田寄席という名称の町内会のイベントがあって、今回のゲストが談四楼師匠。だと打ち上げの席まで思っていた。違ったんですね。初めての落語会だった。一度落語会を開きたいと考えていた町内会の若い衆(?)Sさん、同様に落語会を自分の手で開催したいと思っていたMさん。二人はmixiのマイミクだった。談四楼ファンであるMさんが、Sさんを下北沢の独演会に誘って、翌日には、談四楼師匠をゲストの落語会が決まってしまったというのだからやることが早い。
 本当は4月の開催だった。東日本大震災の影響で6月に延期された。
 開催まで何かと大変だったろうが、大盛況ということですべてが報われたと思う。

 会場は満杯だった。聞くところによると予想以上の客の入りだったとか。たぶん落語を生で観る(聴く)人も多かったのではないか。平均年齢はかなり高い。高齢の夫婦連れが目立った。
 仲入りのときだった。老人が奥さんに声をかけている。
「打ち上げがあるんだって。どうするよ」
 奥さんが答える。「わたしはどちらでもいいわよ」
「どうするよ?」
「だから、あなたの好きにして」
 旦那さん、自分は打ち上げなんてどうでもいいんだけど、「かみさんにどうしてもって言われて仕方なく」というスタンスをとりたいんですね。わかるなあ、その気持ち。

 大勢のお客さんが大笑いする。自分もその中に一人だと実感できる幸せ!




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
君は照明助手・泉谷しげるを知っているか? ~mixi失格。 ♯19
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top