ピーター・フォークが亡くなっていた。ネットでも新聞でも訃報を見ていない。先日の朝日新聞(朝刊)に訃報に触れたコラムが掲載されて知ったのだ。認知症になったことは報道されていたので、年齢(享年83)を考えれば仕方ないのかもしれない。寂しいけれど。
 合掌

 30日(木)は日暮里サニーホテルへ。「立川キウイの真打昇進の会 ~なじみ~」。口上での圓蔵師匠、志らく師匠に小言を言ったり、談四楼師匠に怒りまくったり。面白かったなあ!

 1日の映画サービスデー。二日続いて落語会だったので今月はパスした。本当はヒューマントラストシネマ有楽町で「アリス・クリードの失踪」を観たかったのだが。


          * * *

2011/06/21

 「マイ・バック・ページ」(MOVIX川口)

  承前

 1970年前後を描いた映画にはもう一つの楽しみがある。風俗映画としての側面だ。どれだけ当時をきちんと再現してくれるか。小学校の高学年から中学時代にかけての時代は愛着もあって記憶も鮮明だ。だからこそその手の映画には期待してしまうところがある。いい加減な描写は勘弁してほしい。

 妻夫木聡は04年に公開された「69 sixty nine」でも主演している。1969年の佐世保を舞台にした青春映画だ(原作は村上龍)。妻夫木は主人公の一人である高校生に扮していた。当時を知らない世代、脚本家(宮藤官九郎)+監督(李相日)コンビによる作品として話題になった。

 翌年(05年)井筒和幸監督「パッチギ!」が公開された。舞台は1968年の京都の高校だ。
 古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないだろう、という考えだ。別に60年代を知らなくたって、当時を舞台にした映画を撮ってはいけないなんてことはない。とはいえ、あの時代を知っている監督の方が映画にプラスαをもたらすのかもしれない。2本を観較べての感想だった。

 さて、山本敦弘監督はどう料理してくれるのか。
 冒頭、ニュース映画を使って、東大安田講堂事件の決着を伝える。画は製作会社のクレジット、音声のみ。憎い演出だな。
 原作に目をとおしたことがないので、わからないのだが、登場人物や会社名はどんな扱いになっているのだろうか。実名なのか仮名なのか。川本三郎と朝日新聞(週刊朝日、朝日ジャーナル)だけは実名にできなかったのか。映画では東都新聞、東都ジャーナル、週刊東都。いかにも仮名といった感じで嘘っぽい。今の時代、ドラマ(劇中)に毎朝新聞なんてでてくるとがっかりしてしまう。

 早すぎた(?)全共闘世代・沢田を演じる妻夫木聡は外見上はいつもの妻夫木くん。対して妄想の口先革命家・梅山(本名は片桐)役の松山ケンイチはもろあの時代を体現していた。
 脇役にリアリティがあった。沢田の先輩記者役の古舘寛治、京大全共闘議長・前園役の山内圭哉。
 東都ジャーナルデスクを演じたあがた森魚の飄々とした演技がいい。昔から役者として活躍していていたし、実際にいくつかは目にしていると思うが、こんな愉快な人だとは。
 取材源の秘匿を盾に警察の捜査協力にまったく応じようとしない沢田を恫喝する東都新聞・社会部部長の三浦友和。そこだけの出演なのに圧倒的な存在感だ。映画の中では嫌われ役なのに「まったくそのとおり!」と拍手したくなった。

 女優では梅山の恋人役の石橋杏奈が僕好み。梅山と恋人が熱いくちづけを交わしている隣室で仲間の二人が赤ヘル作りに励むシーンに笑った。思うに梅山ってオウム真理教の麻田某みたいな男だったのではないか。カリスマ性は抜群でまわりをその気にさせて計画を実行するが、警察が介入してくると、情けない行動をとる。自分で責任はとらない。すべてを他人のせいにする。梅山と沢田の関係って、麻田某と某宗教学者に似ている。宗教学者もオウム事件が発覚して名声を失った……。

 ラストで見せる妻夫木くんの涙、「軽蔑」を観ていなければもっとグッときていたかもしれない。高良健吾の泣きの演技に魅せられた後では。それにあの姿どこかで見たような気がする。「涙そうそう」の予告編だったか。記憶違いならごめんなさい。


 【追記】

 後で当時の川本三郎の写真を見ることができた。あまり70年代っぽくない。妻夫木くん、悪くないのだ。けっこう似ている。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
訃報 竹内博
NEW Topics
告知ページ
「新感染 ファイナル・エクスプレス」
「溺れる魚」「ミート・ザ・ペアレンツ」「ハード・デイズ・ナイト」 「天使がくれた時間」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #22 ソニー・プレステ2の宣伝効果
「クリムゾン・リバー」「愛のコリーダ 2000」「ビッグママスハウス」 ~ある日の夕景工房から
世紀末~新世紀「2001年宇宙の旅」まつり
「ハンニバル」 ~小説を読み、映画化作品をあたる
「ホワット・ライズ・ビニーズ」 「ペイ・フォワード [可能の王国]」 ~ある日の夕景工房から
「カオス」 ~映画を観て、原作をあたる
「砂の女」「源氏物語 あさきゆめみし」 「スペース カウボーイ」 ~ある日の夕景工房から
Comment
コロンボ刑事CV考察
小池朝雄氏物故後暫くしてピーターフォーク主演某CMで合成編集としか思えぬクリソツな御声を聞き驚愕した記憶有りましたが後の金曜ロードショー コロンボシリーズで石田太郎氏と確認し納得!氏は小池氏の後継ぐ形でジーンハックマン アンソニホプキンスはまり役故・金内吉男氏(羊たちの沈黙)の後継も演られその美声に魅了させられました。が全く思いもよらぬ所からピッタシの方発見!吉本新喜劇の青野敏行氏です!氏の持ちネタ一人仁義なき戦い小池朝雄編「やあどうもどうも大体の事はこれから聞きましたがの儂としてはどっちに肩入れするっちゅう訳いかんのですよ。儂ゃこのしょうちゃんとも山守組の武田とも兄弟盃交わしてる仲ですけん」(途中菅原文太物真似もあり「山守がなんか言うて来たんの?」)及びコロンボ物真似は腹ヨジレる位爆笑しました。中川家弟も関西TV芸人ブローカー内で絶賛!是非青野氏にピーターフォークのCVを日テレさん!ピーターフォークinアンツィオ大作戦では大塚周夫氏でした。グレートレースでは穂積隆信氏!
勤勉亭ホワイト さん
小池朝雄氏が亡くなったとき、真っ先に思ったのは刑事コロンボの声はどうなる! でした。
俳優というより声優として最初の出会いがあったものでしたから。
「新・刑事コロンボ」が始まったときは、とても心配でした。石田太郎氏の声がまったく違和感なくてホッとしましたよ。
ピーター・フォークの実際の声は、甲高くて、コロンボのイメージが崩れます(笑)。小池朝雄をキャスティングした方のセンスに脱帽する次第。
不思議なことに、映画がTV放映される際、ピーター・フォークの声を小池氏がアテることは少なかったような気がします。共演者ということで、日本語版スタッフがあまり重きを置かなかったせいでしょうか。

プリンセストヨトミに垣間見た関西(大阪ではない)に対する偏見
ブルースウィリス ダイハードシリーズは日曜洋~では故 野沢那智 ゴールデン~では村野武範 DVD吹替は樋浦 勉(ウルAバクタリの貘飼育員.ファイヤマン地球はロボットの墓場のバローグ星人CV.俺たちの勲章最終回脱獄犯ゲストで共演ゲスト桜井浩子!)ですが原語によるウィリスの声質は人によると安原義人が一番似てるそう… そう ラストマンスタンディングDVD吹替です。 カミさんにせがまれ久々に劇場で観たプリンセストヨトミはネーミングは松平や真田や蜂須賀て洒落が効いてて笑ったが 豊臣の末裔プリンセスを東京=江戸から大阪が一致団結守ろとする内容が 大阪は全て蛸焼にお好み焼き阪神タイガースで団結するて東京人特有の偏見丸出しで関西人としてはかなり不快でした。阪神優勝のばか騒ぎの五月蝿さにウンザリしてる野球なんかに丸で興味ない人間だって私含めかなりいるんスよ。じゃ東京は全てYGに納豆か?(逆なら綾瀬はるかは納豆大量に喰う事になる)名古屋は全てCDと味噌煮か?て偏見に繋がるがそんな訳ないでしょ?全体としては喜劇として面白かったが シックリこないモンは残りました。あの府庁前大群衆はリアリティ無さすぎ。アニメならありでしょうが… でも俳優陣の関西弁(大阪弁ではな
続き
く)会得演技は流石プロ俳優方々、コンバトラーV浪花十三(ネーミングセンス無さすぎ)CV山田俊二(現、キートン山田北海道出身オンエア当時関西に全く縁無旅行も無とは監督長浜忠夫から私が直接御聞きした本人談)並に違和感ないです。
勤勉亭ホワイト さん
関東人の関西に対する偏見といえば、関西弁への印象というものもあるのではないでしょうか。
関西弁にも、イントネーション等、とてもやさしくしなやかなものから、聴くに堪えないガサツなものまで幅広いのですが、十把一絡げで、反応してまうんですよね。
関西人に、けっこう巨人ファンがいることも知っています。
関西弁は確かにキツい部分もあります。
関西弁(大阪弁に非ず)は確かにすごい時もあります。刑事貴族で水谷豊が千波丈太郎に向かって「おい大阪弁」て台詞ありちょっち不快でした。関西に来た広島県人に向かって「おい広島弁」て台詞はまぁ出んでしょ?がらの悪い映画某〇〇なき戦いの影響で私は広島弁時々使う様成りましたわ。でも広島県山口県境出のカミサンに言わすと今では殆どあんな方言使わないそう(映画の時代設定は戦後直ぐから'70にかけてやからか当たり前か)カミサンは難波に数年住んでて知りあい広島県出身て知り私の〇〇なき弁で気ぃ魅ことし鱈「変~…」て言われたス カミサンこっちに居る時は完全関西弁やが実家戻り私に電話すると「じゃけぇ私言うちゃけん!」て成ります念 宮城県内陸地震の歳電話だけの秋田の知人と連絡し鱈全く訛りがありませんでした。
勤勉亭ホワイト さん
関西弁と東北弁って、もうそうれだけで、ドラマの中ではキャラクターができあがっているということでしょうか。
もう20年前ほどになりますか、仕事で広島に行ったことがあります。空港でタクシーに乗ったら、ドライバーの方が広島弁(もろではないけれど)、「おお、リアル〇〇なき戦い」と感激していまいました
方言映画
小林薫主演「ウンタマギルー」は全編ウチナンチュー語で全て字幕でしたね。 NHK大河「琉球の風」でしたかレギュラー出演の沖縄出身・津嘉山正種が方言担当も兼ねる様NHKから依頼ありNHK側から台詞全編ウチナンチュー語にしたいとの意向受けたが「それじゃ全編字幕になっちゃう」て進言し結果標準語になったそうス。同じNHK「日本語元年」も思いだします。「砂の器」も方言がネックになってましたね。
勤勉亭ホワイト さん
津嘉山正種って沖縄出身なんですか。知りませんでした。
ある時期まで、方言なんか気にせずドラマ(映画)を観ていました。「前略おふくろ様」は、さぶちゃんの故郷は山形でしたが、芝居はすべて標準語でした。
「蝉しぐれ」もそうで、それは藤沢周平の小説が、いっさい方言を使っていない、というところがくるんでしょうが。
12/16の天国へのラブレター
日本TV系天国へのラブレターでピーターフォーク取り上げられてましたね。石田太郎氏もコメントしてはりましたね。小池朝雄氏の後継ぐ際の経緯… 完全吹替版が発売されてるそうですが全編 石田氏なのか大半小池氏でカット分石田氏か知りたいですわ。実は最近荒鷲の要塞ブルーレイ購入CV誤植に呆れましたわ。誤植ノマンマなら買わなった鴨?ですわ かもしくは私の知らない吹替バージョンが存在するか思いましたわ。視聴したら'75水曜ロードショー吹替版 で聞けば誤植は一目瞭然でしたわ。多いので例一つにしますがマイケルホーダーンasローランド提督as千葉耕市氏が大誤植で実は巌金四郎氏です。 千葉氏はフレディメリーasロゼマイヤー将軍のCVですよ とWホームビデオへ苦情申請したら暫くして正しく表示されたパッケージ新発行され送付されて来ました。違うモンは違うンやし、これがもし三船敏郎と丹波哲郎 誤植なら問題出るけど声優なんて適当でいいやじゃクラシック吹替マニアは承知しませんわ
勤勉亭ホワイト さん
返信遅くなって申し訳ありません。
「天国へのラブレター」って特別番組ですか? レギュラー? 私は知りませんでした。
旧「刑事コロンボ」で、TV放送時にカット分があり、ビデオ(DVD)科のとき、カット分を石田太郎氏がアテたという話を聞いた(読んだ)ことがあり、仕上り具合を確認したいものだと思いました。
石田太郎というと、なぜか私の中ではで、鈴々舎馬風の容貌とかぶるのもがあります。
石田カリオストロ伯爵の前候補は家弓家正
えぇ 特番です。馬風師匠すか、言われて初めて気が付きましたわ。確かに似てますな。管理人さんも故・金井大氏は御存知でしょう。私は金井氏と石田氏がかなり似てる同士や思てました。金井氏も吹替頻繁になさる人でした。ニューヨーク1997のアーネストボーグナイン 怪物くん?の怪物大王(初代は故・高塔正康氏→マグマ大使で孫を交通事故で亡くし憔悴の余り自動車憎しで海坊主を夢創する日光の老宮司・カニックスも同回)等々…又話ズレましたね。すみません。小池氏が初期のピーターフォークの頃私小池氏の顔知らず当時'74~'75新聞TV欄で竹脇無我「鞍馬天狗」に小池朝雄て名前見 初めて確認しました。のち東映の柄の悪い映画多数視聴するにつけ忘れられぬ役者になりました。そしてフレンチコネクションのジーンハックマンのCV(ハックマンも石田氏が後継・映画名失念CイーストウッドがWハウスに侵入する泥棒でハックマンが大統領とかクリムゾンタイトの潜水艦長・ミシシッピーバーニングのキャリア捜査官ウィレムデフォーの年長部下ノンキャリ捜査官)殆ど興味ない野球狂の詩で現役ピッチャーでは小池氏、球界最長老ピッチャー役で球団オーナーは故・高木均(笑) 解らない時はアトリエうたまるさん を交
勤勉亭ホワイト さん
金井大、名前は知りませんでしたが、説明していただけたので声はわかります(笑)

小池さんは「大都会PART2」のとき、一時期、黒岩軍団の上司だったのでは?
松田優作の「蘇る金狼」では、会社幹部の一人でした。役者のときは、コロンボの声なのにあまり意識させなかったような気がします。
そうそう「野球狂の詩」にも出演していましたね。
高木均って亡くなっているんでしたっけ? 日活のSM映画によく出演していました。ムーミンパパがって思っていました。
小池朝雄は大?の吉岡課長
そう吉岡課長ですわ。黒岩の上司でありながら課長としての存在意義が余りに薄い為一人走りし八名信夫に射殺されるんです。水虫患らってる人物で頻繁に靴下ぬぎ薬塗ってましたわ。そうそう管理人さんもそうおもいましたか。コロンボのCVやて分かってても実写映画やドラマやと同じ人て意識わかないスな。 又の御便りを…
勤勉亭ホワイト さん
>水虫患らってる人物

そうそう、思い出しました。
「大都会」シリーズ、深夜に再放送しないかな。OPはYouTubeで楽しんでおりますが。
やはり大都会
すみませんCSでは頻繁に放送してます。吉岡課長が殉職した後 武井課長(小山田宗徳)赴任した際 難事件やと武井は「あいたたた」と胃にくるので徳吉が見咎めて「あ課長水虫ですか」「馬鹿あたしゃ吉岡じゃやいよ」て下り、渋谷病院で宗方(石原)黒岩 徳吉が話合ってたら武井が来て「やあやあここにいたのかい御二人さん、先生とポーカーやってらっしゃるて思ってましたよ、暇そうだね暇なら二三仕事あるんですがね。」 徳吉「馬鹿言っちゃいけませんよ課長アンタ何しに来たの?癌の検査でもしなさいよ」 て言われた言うた二人共癌で物故しましまとさ 小山田氏逝去の際息子は全然演劇に興味なくスッ堅気のサラリマンで葬儀に誰でも知ってる丹波哲郎 三船俊郎クラスが列席し「親父て凄かったんか」て驚愕したとか…
勤勉亭ホワイト さん
昭和のTVドラマ、TV映画は、CSで集中的に放送、放映しているんですね。ああ観たい! でも我が家では解禁にならないでしょう。録画機器もないんですから。小山田宗徳のあとは、この前亡くなった高城……でしたっけ? 「3」かな。
課長係長配役に敏感 マイナー嗜好
家々 大都会?の3代目山本課長は滝田祐介氏です 最近ではCイーストウッドの吹替DVDやってはりますな。高城淳一氏はかつて朝日放送「部長刑事」主演し大都会?加川課長レギュラーでしたわ。 西部警察で庄司永健氏の後継いだんが高城氏です。 高城氏は私にしたら洋画吹替で最初気付いた人です。「レマゲン鉄橋」のシュミット大尉ことハンスクリスチャンブレヒCV 「帰らざる勇者」のヘルムート テツコのへや'11下半期訃報でも紹介されてました。
勤勉亭ホワイト さん
草南出巣科。

滝田祐介ってあの?
「日本沈没」に出演していたような。
「ウルトラマンティガ/ウルトラの星」で、円谷英二を演じていた……
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top