2011/09/22

 「萩原健一 ―LIVE2011 DEEDS,NOT WORDS―」(赤坂BLITZ)

 承前

 「ラストダンスは私に」を歌い終わると挨拶があった。こんなに早いMCは珍しい。
 曰く「結婚しました……」。
 不思議な感覚にとらわれた。あのとき東京、大阪で全3回開催されたトーク&ライブ ANGEL or DEVIL」。トークのお相手となった3人の女性の中で、独身だったのは阿川佐和子だけだったのに。まあ、いいや。結婚でショーケンの健康や芸能活動が好転するのであれば願ったり叶ったり、だ。
 ゲストミュージシャンの渡辺建を紹介。渡辺さんのベースはうれしい。

 渡辺さんのベースをフィーチャーした形で始まる「大阪で生まれた女」は 定年を迎えたサラリーマンの哀歌とでもいうべき内容になっていた。一部歌詞を替えているだけだから、全体のイメージはめちゃくちゃだけど。

  ♪長年勤めた本社の帰り
  ♪たどりついたら単身(赴任)の部屋

 「Famous Guy」は、ショーケンが徳間音工(バーボンレーベル)からアルファ・ムーン(ムーンレーベル)に移籍してリリースしたアルバム「Straight Light」B面ラストに収録された曲。
 「Straight Light」は僕が初めて買ったショーケンのスタジオ録音盤アルバムだ。それまではライブ盤しか聴かなかった。初期のアルバムが普通に歌われているので、スタジオ録音盤=通常歌唱、ライブ盤=変幻自在のショーケン節、という認識があって、聴く気がしなかったのだ。後年、そうではなかったとわかるのだが、このときはこのスタジオ録音盤で初めてショーケン節歌唱を取り入れたのだと一人喜んでいたことを覚えている。
 当時Famous Guyはジュリーのことだと言われた。ジュリーが、離婚問題、暴行事件でメディアで何かと叩かれていた時期で、そんなかつてのライバルにエールを送った歌だと。〈問題児〉の先輩として。

 「Famous Guy」は、今回のライブでは「GAMBLER」のように一人語りがメインになっている。
 まるで音楽とコラボした一人芝居。
「お前のチ×ポ、びびって縮んでるじゃねぇか!」 
 ショーケンが呼びかける相手は誰なのか? ゾルゲ手法の詐欺男、FakeGuy、Mr.Fakeman=Mr.Sとは?
 それからMr.W、Mr.Kとは?
 映画プロデューサーか?

 「シャ・ラ・ラ」。ああ、ずっとシャラララララ……と合唱していたい!

  大阪で生まれた女/Famous Guy/シャ・ラ・ラ

 2回目のMC。何話したんだっけ? 忘れてしまった。

 あまりローリング・ストーンズに詳しくないので、知らなかった「Ruby Tuesday」。ルビー(のような)火曜日という意味かと思ったら、女性の愛称なんですね。ぶっきらぼうな歌い方。あの歌い方はミック・ジャガーを意識してなのだろうか。(CDを聴くたびに好きになっていく)。  
 そのミックとショーケンのスタイル(特に腹!)を比較してなんだかんだ言う人もいるが、一言言いたい。
 相手はずっとヤクやってんですぜ。比べるなら尾藤イサオではないかと。

 野の百合のような人と紹介したジョー山中と一緒にシャウトした「愚か者よ」。ドンジャンの石間秀機のギターにしびれて、篠原さんもメンバーだったフラワー・トラベリン・バンドに注目した。ヴォーカルがジョー山中なので驚いた。そういうつながりがあったのか! CDになった「SATORI」、しっかり買いましたよ。
 「Ah! Ha!」熱唱中、ふと気がつけば、シャツは汗で濃紺と青の二色になっている。歌い終わるとソデに消えた……

  エメラルドの湖/Ruby Tuesday/愚か者よ/Ah! Ha!

 黄色いシャツに着替えたショーケンが登場。ドラムのソロ、ショーケンの紹介。瀬田さんのギターが響いて「ショーケン・トレイン」が始まった。

 モニターを見る。光(照明)にかこまれてショーケンの姿が、ない!  
 ここで、全員がソデにはける。ああ、これで終わりだったのか。

  ショーケン・トレイン

 当然、アンコールの拍手だ。
 全員がステージに集合。

 アンコールは前回ライブの大ラス曲「フラフラ」。

  ♪時代が止まって、フラフラ
  ♪どこもかしこも、フラフラ
  ♪フララ、フラフラ、フララ
  ♪映画もTVも、フラフラ
  ♪医者もスターも、フラフラ
  ♪狂って狂って、フラフラ
  ♪安いコメンテーター、フラフラ

 行動起こせ! 人生つまずくことだってあるさ! STAND UP! STAND UP! STAND UP! 自身を持ってTRYしろ! 自分の心を奮い立たせるんだ! できるさ、できるさ! DEEDS,NOT WORDS!

 メッセージはしっかり胸に刻み込んだ。
 だから、だから、あなたが今度僕の前には登場するのは、映画かドラマの主役ですからね。約束しましたよ。
 
 大ラスは「Thank You My Dear Friends」。久しくライブで聴かなかったな。
 この曲がラストということは、ショーケン、完全復帰だろうか。
 声はほぼ元にもどっている。もちろん完全ではないけれど、仕方がないよ。CDを聴けば確信できる。嘘じゃないから!

 ちえさんの〈稲妻落しサーブ〉ストロークに身体を合わせながら、思った。
 役者として早く次を魅せてほしけれど、ライブも毎年続けて欲しいよ。

 ありがとう、ありがとう……
 Thank You My Dear showken!

 【アンコール】

 フラフラ(春よ来い)/Thank You My Dear Friends


 「パッヘルベルのカノン」(もしかして「G線上のアリア」?)に送られて一人帰宅の途へ。
 誰かそばにいれば、赤坂の街で祝杯をあげていたのに!!!!!!!


showken2011

いつか、ブラック&マルローバンド(パーカッションは菅原さんだよ!)で
2003年のリベンジを!





関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
リメイクドラマ「幸福の黄色いハンカチ」
NEW Topics
告知ページ
BC20世紀 賄い料理その2
「花戦さ」&「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」
「美しい星」
1分間スピーチ #15 倉木麻衣と宇多田ヒカル
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その4
ちょっとひとやすみ その4
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その3
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その2
「DONT LOOK BACK」
Comment
No title
ライブを映像収録とかしてる様子はなかったですか?
 
スズキ さん
ないです。
会場内限定のCDがあればそれでいいのでは?
今回のアルバム、いいですよ! お薦めです。
No title
昨年の中野ZEROでkeiさんの隣の隣の席だった者です。
Sさんのブログにお邪魔してコメントしましたが、私も赤坂・横浜に行き、一人ぽつーんで帰りました(笑)。
keiさんの臨場感あるレポートありがたいです!
地下鉄駅から出てすぐの赤坂サカスや冷たい雨を思い出しました。そして当日の楽しいライブも。
赤坂は2階席をゲットできたので、のんびり見れましたが、物凄くショーケンに煽られて(妄想)席を立ちたかったですよ~。
本当に毎年ライブをやって欲しいですよね。
kaneko さん
ああ、やっぱり会場にいらしたんですね。
探したんですよ、というのは嘘だけれど、いるのかなあと思ったのは確かです。

ショーケンのライブに赤坂BRITZは最適ですね。椅子があっても、結局立ち上がってしまうし、立ったら、ラストまでそのままだし、だったら最初からスタンディングのいいですよ。2階席じゃなくてよかったと思いましたよ(笑)。
No title
え、新曲CD!? 
会場限定って、お薦めされても買えないじゃないですか~(泣)
 
 
スズキ さん
新曲は収録されていませんが、このCDを聴けば、当日のライブを体感することができる、というものです。
会場限定販売……そうですよね(笑)。15日の「談四楼独演会」でお会いしましょう!
No title
覚えていてもらえて嬉しいです。
赤坂の2階席でウップンが溜まって、行く予定はなかったのに横浜へ行ってしまいました(苦笑)。
今度は挨拶させてもらいますね~。っていつあるのかな。
kaneko さん
覚えていますよ、美人の方は!(笑)
書き込みいただいた方は、たとえ顔は覚えていなくても忘れることはありませんって。
私も、横浜が10月中旬以降だったら、行っていたかもしれません。
来年またライブがあったら会場で挨拶させていただきます。事前に書き込みしてくださいね。お願いします。
No title
思えば・・・
一年前は、keiさんとNさんとあたしと・・・
並んで駅まで歩きながら、何だかなあ・・・釈然としない、ちょっと切ない思いでいたと記憶しています。

あの後、名古屋はぐっとよくなって、大阪ではもっと・・・
と、ショーケンも調子を上げていましたが、今年はもっと。

こうなると、「ライヴはいいねん」派のあたしも、
「来年、もっといいの?」って気になっちゃいますよ。
No title
あはは。顔は見られていないはず。ライブがあったら書き込みますね。赤坂は前日に気がついて遅かったのでした。

showken-fun さん、昨年は人見知りでなかったじゃないですか(笑)。赤坂と横浜では赤坂の方が私は良かったです。横浜は出てきてすぐに調子悪そう…と思いました。最後に疲れちゃったのかな。
showken-fun さん
昨年の横浜……確かに気分爽快とはいきませんでしたねぇ。西川口に着いてから、一人いつも読書で立ち寄る居酒屋で一杯やったような。
そういえば、Nさんは今回どうしたのでしょうか。参加したのでしょうか?
来年は主演映画、ドラマで話したいですね、もちろん、ライブを含めて。
kaneko  さん
ぜひ、よろしくお願いしますね。
事前にショーケンのライブに触れることはないかもしれませんが、そのときは、適当なブログにコメントしてくださいませ。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町のブックカフェ二十世紀で働いています。さまざまなイベントを企画、開催していますので、興味あれば一度覗いてみてください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top