地方のTV局5局と円谷プロが組んで制作されることになった新番組「ウルトラゾーン」。テレビ埼玉では昨夜(正式には今日の0時30分)が第一回だった。
 タイトルだけ見ると「新しいウルトラシリーズか!」と勘違いしてしまいそうだが、ウルトラ怪獣をネタにした30分のバラエティ番組である。
 サドラー、ベムスター、グドンが、それぞれ与えられたシチュエーションで人間とミニドラマ(コント)を繰り広げる。唐沢なおき「ウルトラファイト番外地」等のマンガを実写化したようなテイストというか。怪獣のスーツの出来にかなり感心したりして。特にグドン!
 怪獣漫才も笑えた。
 音楽が宮内國郎っていうのがうれしい。

 こういう番組があってもいい。ウルトラ第一世代としては。
 昭和と平成のウルトラシリーズをドッキングさせ、懐かしさを前面に押し出した、ファンに媚びる最近の作品よりは! まあ、個人的な意見だけど。

 今日から始まった「相棒 season10」。
 2時間スペシャルのドラマには「ゴールデンスランバー」の問題がリアルな形で取り入れられていた。関係者が右京たちの質問に対して十数年前の事件の当事者のフルネームで言えるのは「?」だけど。

 「家政婦のミタ」第二回。
 4人の子どもたちのキャスティングに新たな発見。
 男兄弟、姉妹、それぞれが確かにそう思えるところがいい。男兄弟の方は父親に似ているし。まあ、それだけだけど。
 斉藤和義の主題歌は「やさしくなりたい」。確認した。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「談四楼独演会 第178回」 その2
NEW Topics
告知ページ
「溺れる魚」「ミート・ザ・ペアレンツ」「ハード・デイズ・ナイト」 「天使がくれた時間」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #22 ソニー・プレステ2の宣伝効果
「クリムゾン・リバー」「愛のコリーダ 2000」「ビッグママスハウス」 ~ある日の夕景工房から
世紀末~新世紀「2001年宇宙の旅」まつり
「ハンニバル」 ~小説を読み、映画化作品をあたる
「ホワット・ライズ・ビニーズ」 「ペイ・フォワード [可能の王国]」 ~ある日の夕景工房から
「カオス」 ~映画を観て、原作をあたる
「砂の女」「源氏物語 あさきゆめみし」 「スペース カウボーイ」 ~ある日の夕景工房から
「キッド」「顔」「五条霊戦記」「インビジブル」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top