今週も週末はイベントラッシュだった。

 11日(金)は下北沢Vi-Sandで水木ノアさんのアコースティックライブ。「福島を始めとする被災地救済キャンペーンライブ」、正式には「サムライの会 featTIGERNIGERNIGHT~face to face~」。ギターは常磐さん。いつものベースを通常より少し小さめのギターに持ち替えてバックをつとめていた。共演はdoubleⅡface。受付の女性がヴォーカルで、バックはギターとベースとパーカッションの3人の男性。
 少し飲むのは控えようと受付時はウェルカムドリンクのみのコース(2,500円)にしたのに、二杯めの生ビールが欲しくなって、だったらってんで1,500円追加して飲み放題に変更したのだった。
 ウェルカムドリンクは、福島の地酒をライムで割ったカクテル「サムライ」。一口飲んで「ああ、懐かしい」。かみサンとつきあい始めたときに教わったカクテルで、これで僕は日本酒が飲めるようになったのである。


 12日(土)は館林三の丸芸術ホールにて「メセナ落語会 立川談四楼・柳家権太楼二人会」。

  立川寸志「子ほめ」
  立川談四楼「目黒のさんま」
  柳家権太楼「猫の災難」

   〈仲入り〉

  柳家権太楼「火焔太鼓」
  マグナム小林 ヴァイオリン漫談
  立川談四楼「ねずみ穴」
  
 落語はもちろんのこと、その後の談四楼フォロワーズによる打ち上げが盛り上がった! 本当は会が終ったらまっすぐ帰ろうと思っていたのだけど。
 まずは地元の歯科医Uさんお薦めのお店Mにて8人で乾杯(あとで地元の方一人合流)。
 10月の下北沢独演会でUさんとWさんが同じ高校だということが判明した。当然話題になると、二人の間に座っていたSさんが「私も同じ高校です!」。これには一同驚くのなんの。
 ちなみにSさんは帰りの電車の中で、僕と同じ大学出身だとわかった。後輩になるのである。まあ、大学の場合はよくある話だが、同じ噺家さんのファンで、世代も違う3人が同じ高校出身というのは珍しい。3人で校歌斉唱したのだから嘘ではない。


 今日は、三鷹市芸術文化センター星のホールにて親子寄席「柳亭市馬さんの落語で大笑いするのだ!」。

  出囃子入門
  柳亭市弥「子ほめ」
  柳亭市馬「時そば」

   〈仲入り〉

  林家二楽 紙切り
  柳亭市馬「粗忽の使者」

 最初の出囃子講座が勉強になった。
 市馬師匠、噂どおりのいい声。藤田まことを彷彿とさせる。
 子ども相手の紙切りは盛り上がる。紙を切っている間の話も大爆笑だった。
 終わってからいつものように、Hさん、Mさんと軽く飲む。

 3日連続の飲み、11月は完全に赤字です。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「ツィゴイネルワイゼン」@第三回船堀映画祭 その2
NEW Topics
告知ページ
無題 ~「白いカラス」
1分間スピーチ #16 サマータイム導入問題
BC20世紀 賄い料理その2
「花戦さ」&「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」
「美しい星」
1分間スピーチ #15 倉木麻衣と宇多田ヒカル
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その4
ちょっとひとやすみ その4
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その3
Comment
No title
keiさん、18日は今年も見送りになりました・・
レポート楽しみにしてま~す!
No title
double?face VoMISATOです
先日はサムライの会featTIGERNIGERNIGHT~face to face~おこし頂きまして誠にありがとうございました

このご縁を気に又お会い出来ること楽しみにしてます

http://frev.jp/
http://double2face.jp/
http://ameblo.jp/frev-misato/
ジンギスカン さん
そうですか、見送りですか。
了解しました。
年越しライブでお会いしましょう!(笑)
MISATO さん
書き込みありがとうございます。
「六本木心中」聴きました。
カヴァーもいいですけど、ギンギンのオリジナルに期待しているんですよ。
ライブ、伺いますね!
館林!
23日12:35~
「ここはふるさと旅するラジオ]出演の為、談四楼師匠が館林入りします。そこで終了後、社会福祉法人 「全仁会」赤羽の郷 で一席演って戴ける事になりました。
木戸銭なし!14:00~
夜は大衆割烹MSZへ(笑)
KGI高校28 さん
ラジオ出演を見て、無料の落語を見て、その後MSZのS、いいですねぇ! でも懐具合が……(哀)。
Trackback

第3回メセナ落語 立川談四楼・柳家権太楼二人会 #rakugo

館林で二人会を楽しんでまいりました。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町のブックカフェ二十世紀で働いています。さまざまなイベントを企画、開催していますので、興味あれば一度覗いてみてください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top